« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月23日 (土)

エイトデイズ・カフェ in 東京 (千代田区霞が関 {虎ノ門} )

ポールのコンサート記念によってきました。 ポール・マッカートニーの11年ぶりの来日公演を記念し、12月31日までの期間限定でオープンしたレストラン&カフェであります。店名は、もちろんビートルズのヒット曲 「 エイト・デイズ・ア・ウィーク」 にちなんでつけられたものですね。 「 エイト・デイズ・ア・ウィーク」 は、今回のコンサートのオープニング曲でもあります。    11時頃に電話をしてみたら、「今は30分待ちです。14時頃になると空きますが・・・」 とのことでした。やれやれ。(笑) 時間をずらして14時頃に行ってみたら空いていて、すんなりと入ることができました。良かったです。
#エイトデイズ・カフェはこちらです。
Img_1487「エイトデイズ・カフェ」。 財務省や文部科学省などが集まる中央官庁街の一角にありました。  ここカフェのコンセプトは、「ポールの来日公演を100倍楽しむこと」 だそうです。------------------------------------------- 
Img_1495996「エイトデイズ・カフェ」。 店内壁には、ビートルズのシングル盤ジャケットが所狭しと飾られ、ビートルズの写真やドラムセット、ギターなどがディスプレーされていました。ビートルズ、ポールファンには、たまらないカフェになっています。もちろん店内で流れる曲は、ビートルズの曲のみです。   さらっと見た感じ60歳代のお客さんも多くいました。ビートルズをリアルタイムで聴いた人たちですね。羨ましい!(笑)   うちのかみさんも含めて、私等の世代は、俗に言うところの「後追い世代」です。ビートルズが世界中で活躍し、騒がれていたころは、ハナタレ小学生でした。(笑) 中学の三年生頃だったか?、最初に聴いたビートルズのアルバムが、なんと、「レット・イット・ビー」でした。悲しいかな、アルバム「レット・イット・ビー」は、ビートルズが解散した後に発売されたものでした。ここから、ビートルズの足跡を追うように、過去に発売されたアルバムを聴いていきましたね。

Img_1514エイトデイズ・カフェで、3000円以上飲み食いするともらえる記念日です。  クリアファイルとパンフレット。 クリアファイルの裏には、湯川れい子さんの、ポール 来日公演に関するエッセイが書かれています。 パンフレット 裏には、ジャパンツアーの日程とサポート企業名、団体名などが書かれています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

ポール・マッカートニー in 東京ドーム

一泊二日で、ビートルズファンのかみさんと行ってきました。まさに「奇跡の来日公演」でしたね。素晴らしい!「ビートルズの曲をライブで聴くことができるはこれが最後だ!この歴史的公演を絶対に見逃してはだめだ!」という強い決意で行ってきました。(笑)    なんと、全38曲中、ビートルズ時代の曲が25曲、ソロ・ウィングス時代の曲が9曲、最新アルバム「NEW」から4曲という構成でした。ビートルズファンにとっては、たまらないコンサートでした。 すべてが感動的で、素晴らしい曲でしたが、その中でも特に感慨深い曲が何曲かありました。 まずは、「次はジョージ (ジョージ・ハリスン) のためです。ジョージに拍手を!」と紹介して、ジョージからプレゼントされたウクレレを弾きながら歌ったジョージの名曲「サムシング」です。前回のようにウクレレで歌って終わりかな?と思っていたら、なんと、エレキギターに持ち替えて、ビートルズのアルバム「アビーロード」の「サムシング」を完璧に再現したのでした。いやー、驚きました。バックのスクリーンには、ビートルズ時代のポールとジョージのツーショットシーン (レコーディングシーン) がたくさん映され、もう涙、涙でしたね。実に素晴らしかったです。最後にポールが言った 「ジョージ、美しい曲をありがとう!」 という言葉が印象的でした。#「サムシング」はこちらです。   

Img_1504_2東京ドーム周辺は大混雑でした。やれやれ!(笑)       次に、たどたどしい日本語で 「みなさんも一緒に歌って下さーい!」 と呼び掛かけて歌い始めた 「オブ-ラ-ディ オブ-ラ-ダ」 です。 東京ドーム全体が 「Ob-la-di ob-la-da life goes on bra  La-la how the life goes on  Ob-la-di ob-la-da life goes on bra  La-la how the life goes on」 の大合唱で大いに盛り上がりました。#「オブ-ラ-ディ オブ-ラ-ダ」はこちらです。       

Img_1510「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」 パンフレットの表紙と裏表紙。       次に、「福島の被災者に捧げます」 と紹介して歌った 「イエスタディ」 も感動ものでした。なんと、ポールは、福島の被災者たちと面会して、コンサートに招待していたのでした。多くの慈善活動団体をサポートし、多くのチャリテー・コンサートをこなしているポールらしいですね。#「イエスタディ」はこちらです。

Img_1512同じく「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」 パンフレットから。       もう一曲、ポールがアコースティック・ギター1本で歌ったビートルズ時代の佳曲 「ブラック・バード」です。ポールもお気に入りの曲のようで、ウィングス時代のコンサートでは、必ず歌っていますね。(ライブのDVDを持ってます) 心に沁みる良い曲です。何回聴いてもいいですね。ポールによれば、「この曲を作った1960年代のアメリカでは、黒人が人種差別と闘っていた。僕らのイギリスでは女性を小鳥に例える・・・・・そんなことを考えながら作った曲で、人種差別と闘う女性をモチーフにした歌だ。」 だそうです。#「ブラック・バード」はこちらです。

趣味・思いつくままに・・・ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

ポール・マッカートニー 奇跡の来日

「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」で、ポールが来日しましたね。まさに「奇跡の来日」です。感激です。 なんと、チケット S席がとれましたので、ビートルズファンのかみさんと東京ドームコンサートに行ってきます!!11月19日の東京ドーム コンサートが楽しみです。ワクワクしますね。(笑)    #下記は、11年前の東京ドームコンサートに行った時の記事です。
-------------------------------------------------------------------
ポール・マッカートニー 「ドライビング・ジャパン ツアー」  2002年11月13日

東京ドームで開催された、ポール・マッカートニーのコンサートに行ってきました。 前座のダンスショーを含め19:00~22:00までタップリ3時間の感動的な素晴らしいコンサートでした。  なんと、全36曲中23曲がビートルナンバーという、ビートルズファン、ポールファンにとっては、夢のようなコンサートでした。まさに「ビートルズを再現したコンサート」でしたね!!     オープニングが 「ハロー・グッドバイ」、次の 「ジェット」、「オール・マイ・ラビィング」 で 一気に盛り上がり、観客総立ち状態でした。  ジョン・レノンの追悼の曲「ヒア・トゥディ」、続いて ジョージ・ハリスンの曲「サムシング」をウクレレを弾きながら歌い、「ジョンの魂とジョージ に拍手を!!」と天を仰いだポール!・・・・5万の観客から割れんばかりの拍手でした。(涙涙)   「イエスタディ」、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」等を挟んで、「レット・イット・ ビー」、「ヘイ・ジュード」では、全観客が一体となった大合唱で大いに盛り上がりました。感激の涙を流しているおじさん、おばさんたちがたくさんおりました。    二度のアンコールでは、 ロックンロールナンバーのオンパレード! 「キャント・バイ・ミー・ラブ」、ウィングス時代の「死ぬのは奴らだ」 、「レディ・マドンナ」、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」、「サージェント・ペパーから ジ・エンドのメドレー」 まで、もうギンギンに盛り上がりました。(笑)
ポールは、とても60歳には見えないですね。エネルギッシュで声も若いし、ジョークもうまい! (同時通訳で瞬時に字幕スーパーが流れます)  あと、曲に合わせて映し出される映像もグットでした。 巷では、北米ツアーも含めた今回のコンサートが最後ではないか?と噂されていますが、 ポール本人は否定していました。 ポール曰く 「90歳になって車椅子生活になっても コンサートは続けるよ!」 だそうです。(笑)

587htfb1「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」のポスター。 とても71歳には見えないです。
「熱いよね~ ポール・マッカートニー!」 超エネルギッシュです。(笑)     #新聞記事より抜粋。 「アウト・ゼアー というタイトルで始まった世界ツアー。5月からブラジル、米国など6カ国26公演を成功させ。延べ100万人以上の観客動員を記録した。15日に福岡、18日から東京ドームで3回予定されている公演も全席完売。急きょ11日の公演が追加されるほどの盛況ぶり。世代を超えて幅広いファンから支持されているポールに注目が集まる。」  #ポール・マッカートニー すご過ぎです!!(笑)

   
584iujh111月9日、関西国際空港に降り立つはっぴ姿のポールと妻のナンシーさん。     11月9日 NHKの「SONGS ポール・マッカートニー登場! 最新ライブ映像&独占インタビュー」を観ましたが、ポールの歌唱力、ギター、ピアノのプレイなど、全く衰えを感じさせないですね。11年前の東京ドーム公演やビートルズの頃とほとんど変わっていないです。さすがに、前回来日した60歳の頃とは比べると老けましたが。。。。。。(笑)

Img_14552002年11月13日の 「東京ドームコンサートのパンフレット」。  11年前は、「ドライビング ジャパン・ツアー」というタイトルでした。---------------------------------------------------------------------------------
Img_1456同じく、2002年11月13日の 「東京ドームコンサートのパンフレット」から。  60歳のポールは、こんなに若かった!40歳代にしか見えないですよね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

聖地巡礼(笑) XV 「大沢温泉・鉛温泉」

中山街道を歩いた帰りに、宮沢賢治ゆかりの温泉によってきました。 北上川の支流、豊沢川沿いにある温泉です。これらの温泉は、超お奨めですね。(笑) 露天風呂は、もちろんのこと、内風呂でも、湯に浸かりながら渓流を望むことができる美景の温泉であります。 春には、新緑と渓流、秋には、紅葉と渓流が素晴らしいです。

Cimg3552ここ大沢温泉には、三つ大きな宿泊施設があります。近代的でホテルのような山水閣、茅葺き屋根で古い造りの菊水館、そして、賢治も宿泊したという湯治場の雰囲気を色濃く残している自炊部です。    賢治の父は、熱心な仏教 (浄土真宗) の信者で、仏教の研修会を組織していました。毎年夏になると「夏季仏教講習会」をここ大沢温泉で開催しました。当然、幼い賢治 (小学生~中学生にかけて) も父親に連れられてきて、ここ大沢温泉で 「仏教講習会」 に参加したのでした。 
   
Cimg3546大沢温泉 自炊部玄関。 温泉は、自炊部の大浴場「薬師の湯」と半露天風呂の「豊沢の湯」に入ってきした。どちらも素晴らしい温泉でした。ロケーションも美景で、感激しましたね。(笑)    大沢温泉は、南部藩主の定宿でした。茅葺き屋根の「菊水館」は築160年くらいで、南部藩のお殿様もここに泊まったとか。いゃー、すごいですね。  #ホームページはこちらです。

Cimg3543鉛温泉、藤三旅館。 賢治の童話 「なめとこ山の熊」 には、「鉛の湯」 として登場します。 「 鉛の湯の入口になめとこ山の熊の胆(い)ありという昔からの看板もかかっている。だからもう熊はなめとこ山で赤い舌をべろべろ吐いて谷をわたったり熊の子供らがすもうをとっておしまいぽかぽか撲(なぐ)りあったりしていることはたしかだ。熊捕りの名人の淵沢小十郎がそれを片っぱしから捕ったのだ。」 宮沢賢治著 「なめとこ山の熊」 より。    なんでも、当時の旅館経営者と宮沢家は、親戚関係にあり、その縁で賢治が子供のころ、家族と一緒によく泊まりにきていたそうですね。 #ホームページはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

聖地巡礼(笑) XIV (大空滝~中山峠)

宮沢賢治の童話 「なめとこ山の熊」の冒頭部に登場する、岩手県花巻市の中山街道を歩いてきました。 天候にも恵まれ、11月にしては暖かく、最高のトレッキングができました。 まあ、トレッキングというか、ハイキングでしたが・・・(笑)  
Cimg3478_3大空滝の登り口である中山トンネル手前の橋にあった説明板。 正面の三角形の山が「なめとこ山」です。なめとこ山は、登山道が無いため登ることはできないそうです。    「なめとこ山の熊のことならおもしろい。なめとこ山は大きな山だ。淵沢川はなめとこ山から出て来る。なめとこ山は一年のうち大ていの日はつめたい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている。まわりもみんな青黒いなまこや海坊主のような山だ。」 宮沢賢治著「なめとこ山の熊」より。
Cimg3480大空滝 登り口。 ここは旧道で、昔は車も通れたようです。落石や土砂崩れ、倒木などがあり通行止めになっていましたが、歩くのには全く問題なしでした。もちろん危険な所も皆無でした。キノコ採りの人たちも普通に入っていました。なにか、事故とかがあった場合、行政の責任問題に発展していまうからだ、というのは解りますが、それにしてもちょっと大げさですね。
Img_1443_3名勝 大空滝展望台。 登り口から約50分くらいで到着します。    「中山街道はこのごろは誰たれも歩かないから蕗(ふき)やいたどりがいっぱいに生えたり牛が遁にげて登らないように柵をみちにたてたりしているけれどもそこをがさがさ三里ばかり行くと向うの方で風が山の頂を通っているような音がする。気をつけてそっちを見ると何だかわけのわからない白い細長いものが山をうごいて落ちてけむりを立てているのがわかる。それがなめとこ山の大空滝だ。」 宮沢賢治著「なめとこ山の熊」より。
Cimg3528大空滝を下から見上げる。下からよりも展望台から見た方が立派に見えますね。(笑)   大空滝へ下る道は、ロープが張られて閉鎖されていましたが、入ってみました。 #勝手に入ってすみませんでした。(笑)  落ち葉に覆われた急斜面をしばらく下って行くと大空滝の下にでます。 下る道は、長い間歩かれていないようで、分かりにくにところが何ヵ所がありました。多少ルートファインディングが必要です。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Cimg3500中山峠付近のブナの原生林。 晩秋の時を迎えました。葉がすっかり落ちいて、少し寂しくもありますが、落ち着いた静けさが心地よく感じます。秋色の道のトレッキングは、気分爽快でした。気持ち良かったです。 初冬を思わせる雰囲気もありますが、太陽の光に照らされた風景がキラキラと輝いています。本当にきれいですね。
Cimg3508_2中山峠。向かって左側が花巻市、右側が旧沢内村(西和賀町)です。大空滝から約50分で着きます。中山峠のトップは、ここから数分登ったところにあります。登ってみましたが、展望はほとんどだめでしたね。(笑)  この旧道は、ところどころに舗装された場所やカーブミラーなども残っており、車道だった頃の面影を色濃く残しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

東北楽天 日本一 お・め・で・と・う!

「これは、夢ではない!現実なんだー!」と思いましたね。 まさか、勝ってしまうとは。。。。。(笑) 多くの野球解説者が巨人有利、巨人の優勝と公言している中での楽天の勝利でした。元楽天監督の野村克也氏でさえ「マー君に負けをつけた巨人が有利だ」と言っていました。 

632sxcr今日の地元紙 河北新聞です。すごいです。新聞の半分が楽天関係の記事で埋まっていました。読売や朝日なんかでは、あり得ないことですよね!(笑)--------------------------------------------------------------------------
23258sss美馬→則本→田中マー君、日本一への豪華完封リレーでした。 前夜160球投げた田中マー君がベンチに入っていましたが、絶対に投げることはないだろう と思っていました。好投していた美馬を引っ張り、8回から則本が投げるのだろうと思っていました。まさか田中マー君が投げるとは!田中マー君が出てきたとき球場全体がどよめきましたね。まさに、アイアンマン、鉄人です。  なんでも、田中マー君は、星野監督に直訴して、ベンチ入りし、最後も投げたそうですね。 田中マー君は、「日本のファンの前で投げるのは、これが最後だから悔いを残したくない!」という強い思いがあったのでしょうね。 田中マー君のアメリカ大リーグでの活躍が楽しみです。(笑) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »