« 赤城山Ⅰ(群馬県前橋市) | トップページ | 新そばと温泉 (群馬県前橋市) »

2013年10月19日 (土)

赤城山Ⅱ(群馬県前橋市)

赤城山で有名な人物というと、「赤城の山も今宵限りか・・・・・」の博徒 国定忠治でしょうね。 国定忠治はこの辺りで生まれ、天保の大飢饉の際には、私財をなげうって農民を救ったそうです。 赤城温泉郷には、忠治温泉なんてのもありましたね。(笑)   #講談、国定忠治の一節です。。。「赤城の山も今宵限り、生まれ故郷の国定村や、縄張りを捨て国を捨て、可愛い乾分(こぶん )の手前(てめえ) たちとも、別れ別れになる首途(かどで)だ。。。。」

Cimg3430下山時、猫岩付近から撮影。カルデラ湖の大沼と湖畔にある赤城山神社が見えます。正面の山は地蔵岳(1674メートル)。  この辺からは、素晴らしい景観を一望することができます。まるで絵葉書を見ているようでした。

Img_1414黒檜山登山口からは、ツアー登山の方々が続々と登ってきました。なんと総勢40名!東京のはとバス トレッキングツアーの人たちで、ほとんどが女性の方でした。全員通り過ぎるまで、挨拶しながらじっと待っていました。いやー、かなり長く感じましたね。(笑) さすが「百名山」!赤城山はかなり人気の高い山です。 

Cimg3441赤城山神社から赤城山(黒檜山)を望む。 赤城山神社は、赤城山や大沼などをを祀っている神社です。男体山や華厳の滝などをを祀っている日光の二荒山神社と同じような感じですね。---------------------------------------
Cimg3447標高1350メートルにあるカルデラ湖の大沼と地蔵岳(1674メートル)。 湖面がキラキラと輝いています。素晴らしい秋晴れになりました。でも空気は冷たいです。凛とした空気の中で心地よい時間でありました。これから晩秋にかけて、いろいろな表情を見せてくれるでしょう。

Cimg3467帰りに立ち寄った、小沼の展望台から大沼方面を望む。 後方の山は、武尊山(ほたかさん、2158メートル)

|

« 赤城山Ⅰ(群馬県前橋市) | トップページ | 新そばと温泉 (群馬県前橋市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山Ⅱ(群馬県前橋市):

« 赤城山Ⅰ(群馬県前橋市) | トップページ | 新そばと温泉 (群馬県前橋市) »