« 仙台 七夕 | トップページ | 至仏山 (群馬県片品村) »

2013年8月12日 (月)

虎毛山 (秋田県湯沢市)

虎毛山 (1433メートル)に登ってきました。久しぶりの山登りでした。 曇り時々晴れの天候でしたが、思っていたよりも涼しく、快適なトレッキングができました。山頂は、風があり涼しくて、秋の気配が漂っていましたね。  早朝の涼しい時間帯から登ろうと思い、仙台の自宅を4時に出発して、6時20分に登り始めました。  登山口の標識のある手前の駐車場(6:20発)→赤倉沢渡渉点→高松岳分岐→虎毛山山頂(10:00着) 山頂(10:45発)→高松岳分→赤倉沢渡渉点→駐車場(1:45着) 休憩含む。約7時間25分のトレッキングでした。  
Img_1048赤倉沢の渡渉地点、橋がありました。 ここまで、1時間ちょっとかかりました。奥の駐車場まで車が入ることができれば、40分くらいで着けると思うのですが。。。。「去年9月の台風の豪雨により、林道の路肩が削り取られて弱くなり、道が狭くなっているところが何ヵ所があるため、車での通行はしない方がよい!」 みたいな、なんか、中途半端な標示板が立っていました。歩いてみて解りましたが、軽自動車ならなんとか通れる状態でしたね。実際に、軽自動車が1台、奥まで入っていました。どうせなら、はっきりと 「この先、車は通行禁止です!」 という標示板を立ててほしかったです。やれやれ。(笑)   ここまで来る途中に、台風の豪雨による土石流で登山道が寸断されている所がありました。でも今は大丈夫です。土石流の跡の上に道ができて普通に通れるようになっています。
Img_0979虎毛山案内板。 ここから、標高差700メートルを一気に登るタフな急登が始まります。涼しいとはいえ真夏です。たっぷりと汗を絞られました。(笑)---------------------------------------------------
Img_0988少し登ると、ヒノキの香りがほのかに漂ってきて「ヒノキの森」が現れます。 登山道脇ののヒノキの多くは、台風によって根こそぎ倒されていて登山道を寸断していました。とんでもない台風だったようですね。びっくりしました。でも、今は復旧が進み、登山道を覆っていた倒木は切られ、迷わないようにロープ張られていますので、安心して登ることができます。この先からは、斜度きつくなり、見事なブナの原生林が続き、やがて、高松岳への分岐点(1234メートル)に出ます。
Img_1008虎毛山(1433メートル)山頂。 『虎毛山は「虎」という文字がつく山では最も高い山である。2003年にプロ野球チームの阪神タイガースが優勝した年に、虎毛山への優勝祈願のための集団登山が行われた。そのため、阪神タイガースファンには虎の聖地と呼ばれ、多くのタイガースファンが必勝祈願のため山頂を目指すことでも知られている。』 とのことです。(笑)   お盆休み中でもあってか、10人ほどの登山者に出会いました。東北百名山に選ばれてるとはいえ、マイナーな山なのにびっくりです。(笑)
Img_1015雲上のオアシス、 山頂には高層湿原が広がっています。後方の山は須金岳。   緩い登山道を詰めて行くと、やがて、立派な避難小屋が現れて山頂に到着します。小屋の後方には、3ヘクタールもの広大な湿原が広がっており、一帯はお花畑になっていて池塘が点在しています。
Img_1033_5草紅葉には早いですが、ほんのりと色づいて、秋の気配が漂っていました。  池塘の周りは、食虫植物のモウセンゴケの大群落になっていました。木道で行けるのは、ほんの少しだけで、あとは荒らされていない広大な湿原が展開しています。 この湿原は、厳重に保護されていて、木道以外は立ち入り禁止になっています。 


|

« 仙台 七夕 | トップページ | 至仏山 (群馬県片品村) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虎毛山 (秋田県湯沢市):

« 仙台 七夕 | トップページ | 至仏山 (群馬県片品村) »