« 大朝日岳Ⅱ(山形県大江町) | トップページ | 聖地巡礼(笑) ⅩⅢ「東京都文京区本郷」 »

2013年6月29日 (土)

お花見 (朝日連峰 大朝日岳)

Img_0759絶滅危惧種のヒメサユリ (オトメユリ)。 野生種は、東北南部の山岳地帯でしか見ることができない貴重な花であります。 こちらは、銀玉水(ぎんぎょくすい)手前付近で撮影しました。------------------
Img_0671_2同じく ヒメサユリです。 古寺山付近で撮影しました。こちらは、花の色が、桜みたいに淡いピンク色をしてますね。---------------------------------------------
Img_0739ヒナウスユキソウ。 昔、早池峰山で何回か見たハヤチネウスユキソウは、大きくて立派でしたね。 学生時代、北海道を放浪したときに滞在した礼文島で見たレブンウスユキソウは、小さい花でしたが、今でも印象深く、鮮明に記憶に残っています。
Img_0717大朝日岳山頂付近のヒナウスユキソウの大群落。 朝日連峰 寒江山の群落ほどではないですが、素晴らしかったです。-----------------------------------------------
Img_0760ハクサンチドリ。 登山家でもあり、植物に関しても豊富な知識を持っていた賢治は、高山植物にもかなり興味を持っていました。  『後者は しらねあふひ、ちごゆり、はくさんちどり等殆んど岩手山三合目の植物にして、実に之等二地が花巻と比較して年平均四度位低温なること及植物の垂直水平両分布を説明するものなり。』 宮沢賢治「修学旅行復命書」より 
Img_0728コイワカガミ。 岩場に生えることと、丸い葉を鏡に見立てたことが、名前の由来だそうですね。大朝日岳山頂付近の岩場に、ヒナウスユキソウと一緒にたくさん咲いていました。


|

« 大朝日岳Ⅱ(山形県大江町) | トップページ | 聖地巡礼(笑) ⅩⅢ「東京都文京区本郷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花見 (朝日連峰 大朝日岳):

« 大朝日岳Ⅱ(山形県大江町) | トップページ | 聖地巡礼(笑) ⅩⅢ「東京都文京区本郷」 »