« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月24日 (水)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

山形県米沢地方の天候は、午後から崩れるとの予報。これは、午前中勝負だなーと思い、天元台ロープウェイの始発に間に合うようにと、自宅を6:00時に出発しました。  午前中は、晴れてて風もなく爽快なライディングができました。しかし、11:00時頃になると、急激に曇ってきて、風も強くなり、雨も降ってきました。やれやれです。
Img_0382朝一のベース付近。風もなく穏やかに晴れていました。  朝方は、かなり滑りが悪かったですね。コースは、厚雪されていましたが、雪が中途半端に緩んでいたせいか、滑っているとガクガクガクと急ブレーキがかかってしまい、バランスを崩してしまいます。こんな時は、ワックスの種類を変えればいいのですかね。。。?やれやれ。11時頃になり、雨がパラパラと降ってくると、とたんに滑りがよくになり快調にライディングができました。不思議です。(笑)
Img_0386朝一のしゃくなげゲレンデは、こんなにいい天気でした。   1820メートルのトップまで上がると、飯豊連峰、朝日連峰、蔵王連峰、月山など、素晴らしいパノラマが一望できました。この後天候が急変するのです。やっぱ春の天気は、変わりやすいですね。(笑)
Img_0397しゃくなげゲレンデ終盤付近。   昼頃になると、ますます風も強くなってきて、雨も本格的に降ってきました。リフトは、しょっちゅう停止する状態になりました。そして、なんと、強風のためロープウェイ運休のアナウンスが流れました! 「ヤバいなー、帰れなくなるかなー?」と心配してたら、車で送るとのこと。安心しました。20年以上天元台に通っていますが、こんな経験は初めてでした。標高差1000メートル以上、一般車両通行禁止の細くて急なジグザグな道を車で下っていきました。けっこうスリルがありましたね。(笑) 結局、8時40分~12時までの短いライディングでした。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

夏油高原温泉 (岩手県北上市和賀町)

スキーセンター内にある温泉であります。長年夏油高原スキー場に通っていますが、なんと初めて入りました。スキーセンター内に、こんな温泉を完備しているスキー場は、たぶん他にないですよね?   この温泉は、利用客の減少に歯止めをかける切り札として、数年前に造られてそうです。でも、スキー場利用客の大幅アップにはつながらなかったようです。昨日の河北新聞を見てびっくりしました。現在夏油高原スキー場を経営している北海道の「加森観光」は、今シーズン限りで経営から撤退するようです。来シーズンは、どうなるのでしよう?やれやれ。(涙)   #詳しくはIBC岩手放送のニュースを見て下さい。 
Img_0369夏油高原温泉には、十割そばをだすレストランやラウンジ、休憩用の大広間などが完備しています。 入浴利用金は600円ですが、リフト券で200円の割引になります。-------------------------------------------------------
Img_0370けっこう広く、ゆったりとしたレイアウトの内風呂でした。 遠赤外線サウナや、なんと、ミスとサウナまでありました。---------------------------------------------------
Img_0375展望露天風呂。 この露天風呂は良かったです。普通の露天風呂と「寝湯」に分かれていて、内風呂と同じくらいの広さがありました。「寝湯」に伸び伸びと入りながら、山々の展望を楽しむことができます。究極のリラクゼーション!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市和賀町)

夏油高原スキー場に行ってきました。「雪の王国夏油高原」!4月のこの時期でも、山頂で3メートル、山麓で2メートルと圧倒的な積雪量を誇っています。 春スキーシーズンになり、平日はゴンドラ1機しか運行していませんが、コースは全面滑走可能な状態でした。すごいです。   曇り、時々雪、時々晴れ、午後からは本格的な雪、という状況でした。 5時間券を買い、9時~13時30分過ぎまで滑ってきました。
Img_0355ゲレンデトップ付近。展望台が見えます。  ここからは、ゲレンデトップの尾根筋を行くコースが展開します。コースと言っても、平均斜度2度とほとんど平なので、ボードだと所々で止まってしまいます。おまけに新雪が積もっていたので、ほとんど滑りませんでした。やれやれ。そんなこんなで、大パノラマを見ながら800メートルくらいを、ボードを抱えてて歩いて進みましたね。(笑)
Img_0360ゲレンデトップの尾根筋を行くコース。第1ゴンドラ降り口付近を振り返り見る。  B-1コースを滑るため、ゲレンデとは反対側に展開する大パノラマを観賞しながら、第2ゴンドラ 降り口まで進みます。 全長1400メートル、最大斜度24度のB-1コースは、最高でした。素晴らしかったです。新雪が降り積もっているノートラックバーンが展開していました。いや~、4月のこの時期に、新雪のライディングができるなんて夢にも思いませんでしたね。(笑) 多くの人はゴンドラから直接滑ることができる、A-1コースやA-4コースを滑っていたので、このB-1コースを滑る人は、ほとんどいませんでした。ラッキーでした。
Img_0350A-1コース 滑り出し付近。 強風に吹き飛ばされそうになる初心者スキーヤー。必死で堪えていました。  山頂は、時折強風が吹きつけていました。強風のためゴンドラはノロノロ運転!時々ストップしましたね。でも、おじさんスノーボーダーには、ノロノロ運転で良かったです。おかげで、ゴンドラ内で、ゆっくり、じっくり休むことができました。(笑)
Img_0354ベース付近。 午後になると雪が猛烈に降ってきました。春特有の湿った雪でしたが、降り積もってくるとフローテーション的な感覚を楽しむことができました。------------------------------------
Img_0364夏油高原スキー場 名物「夏油ラーメン」をいただく。すごいボリームだ。チャーシューが厚くて、でかい! #ビールは、もちろん、ノンアルコールビールですよ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »