« 鳴子湯乃里 幸雲閣 (宮城県大崎市鳴子温泉) | トップページ | 「三陸 にジオパークを -未来の命を守るために-」 »

2012年12月 5日 (水)

秋田八幡平スキー場 (秋田県鹿角市)

この時期としては、最高のライディングができました。 アイスバーンの上にサラサラの新雪がコーティングされた状態。 シーズン初めからサラサラのパウダースノーを堪能できるなんて、普通ありえないことです。 究極の爽快感、アドレナリン出っ放し、雑念が消え頭が真っ白になりました。(笑)  5時間券を買い、9時過ぎから13 時頃まで滑ってきました。   仙台からは、往復約8時間と、かなり遠いです。 盛岡や松尾八幡平あたりまでは、ほとんど雪はなかったのですが、秋田と岩手の県境の安代ICあたりからは、雪が絶え間なく降っていて、東北自動車道も圧雪状態!時速50キロ制限でしたね。まったく、やれやれでした。(笑) 
Cimg2865朝一のブナ森ゲレンデとトド松ゲレンデ。  サラサラな新雪が休みなく降っている。ベースで、氷点下6度、時折、強風が襲い吹雪になる中、一人黙々滑る。リフトに乗ってる時は凍えそうだ!じっと耐える。 ネイチャー・スポーツは忍耐を要求するんだ!(笑)
Cimg2869「縁結びの木・抱擁の樹」。  リフト降り口付近にあります。この前で、恋人同士が写真を撮ると、めでたく結ばれるという縁結びの樹です。このスキー場のうわさのスポットでもあります。(笑)#詳しくはこちらをどうぞ!---------------------
Cimg2870リフト降り口付近。 樹林帯の中をしばらく滑って行くと、広大な」「ブナの森ゲレンデ」が現れます。正面奥のほうに、小さくスキーヤーが写ってますね。   スキーの時もそうですが、シーズン初めの一本目は、かなり緊張しますね。もうすっかりオジサンですので、前年と同じライディングができるのだろうか?と一瞬不安がよぎります。でも大丈夫、体がしっかり反応してくれます。2~3本も滑ると、本来の滑りを取り戻せました。
Cimg2866ベースのリフト乗り場付近。  地元の小中学生のスキーチームが練習をしていました。若いっていいですね。凍えるような寒さも、全然関係なしで平然と滑ってました。  ここで、氷点下6度でした。トップあたりは、氷点下10度くらいになってたと思います。

|

« 鳴子湯乃里 幸雲閣 (宮城県大崎市鳴子温泉) | トップページ | 「三陸 にジオパークを -未来の命を守るために-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田八幡平スキー場 (秋田県鹿角市):

« 鳴子湯乃里 幸雲閣 (宮城県大崎市鳴子温泉) | トップページ | 「三陸 にジオパークを -未来の命を守るために-」 »