« 神室山 Ⅰ (山形県最上町) | トップページ | ニュー トレッキクグシューズ »

2012年9月29日 (土)

神室山 Ⅱ (山形県最上町)

神室山は、作の神であったという。 「初夏、人々は、役内口の稜線にある、湿原の中にある湿原の中の池塘をお田と拝して、その中の草の生え具合によって、その年の豊凶を占い、また、主稜線にある御宝前の巨岩を拝して、先達の祈祷した虫札や水府をもらって、それぞれの田の水にさした。」 岩崎敏夫著「東北の山岳信仰」より
Cimg2759神室山山頂を望む。 山頂まではもうすぐだ。ここまで、3時間半くらいでしたが、なんだか、かなり長く感じましたね。(笑) 左側には、立派になった避難小屋が見えます。----------------------------------------------------------- 
Cimg2776神室山(1365メートル)山頂。  いゃー、360度、最高の展望でしたね。後方の山が、最近、阪神ファンの聖地として人気が高まっている虎毛山(1433メートル)、後方左側の山が栗駒山(1627メートル)であります。 最上町側からは、誰とも出会わない究極の単独登山でしたが、山頂では、山形県金山町側から登ってきたという6~7人の中高年登山者が休んでいました。虎毛山や高松岳の情報などいろいろ教えてもらいました。けっこう参考になりましたね。
Cimg2769山頂より前神室山(1342メートル)を望む。 この方向に鳥海山が綺麗に見えるはずでしたが、残念ながら雲がかかっていて見えませんでした。残念!-------------------------------------------------------------------------
Cimg2761山頂より天狗森(1302メートル)、小又山(1367メートル)方面の縦走路を望む。 深い谷でえぐられていて、険阻で急峻で、とても1300メート級の山々には見えないですね。やっぱり、山は標高だけではないですね。(笑)


|

« 神室山 Ⅰ (山形県最上町) | トップページ | ニュー トレッキクグシューズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神室山 Ⅱ (山形県最上町):

» 神室山  2 (山形県 最上町) [Anthony's CAFE ]
神室山は、作の神であったという。  「初夏、人々は、役内口の稜線にある、湿原の中にある湿原の中の池塘をお田と拝して、その中の草の生え具合によって、その年の豊凶を占い、また、主稜線にある御宝前...... [続きを読む]

受信: 2012年10月18日 (木) 14:15

« 神室山 Ⅰ (山形県最上町) | トップページ | ニュー トレッキクグシューズ »