« 猫魔ヶ岳 Ⅰ (福島県北塩原村) | トップページ | みんなの三歩、永遠に! »

2012年8月19日 (日)

猫魔ヶ岳 Ⅱ (福島県北塩原村)

この日の会津地方の天候は、正午までは晴れ、午後からは、雲が広がり雷雨との予報。 これは、午前中勝負だなーと思い、大量の汗をかきかき速攻で登ってきました。(笑) 500ミリリットル入りのペットボトルで4本、2リットルの水を持っていきましたが、まったく足りませんでした。途中、水場が多くて助かりました。水を補充しながら登り、道中3リットルの水を飲みましたね。全部汗になって流れましたが。。。(笑)    雄沢登山口(8:00 発)→雄国沼→猫岩→猫魔ヶ岳山頂(10:45 着) 山頂(11:05 発)→猫岩→雄国沼→雄沢登山口(13:20 着) 休憩含む。 5時間20分のトレッキングでした。
Cimg2639猫石から望む雄国沼。 ニッコウキスゲの大群落で有名な湿原が広がっている。見ごろは7月上旬頃だという。 ハイシーズンはマイカー規制があるようですが、なんと、車で近くまで行くことができるのです。----------------------------
Cimg2638猫魔ヶ岳(1404メートル)山頂。 強烈な日差しが照りつけていましたが、風があったので、けっこう涼しかったです。 夏休み中にもかかわらず登ってる登山者は、予想に反してかなり少なかったです。出会った登山者は、わずか5人くらいでした。午前中は、晴れて最高の天気でしたので、登山者の多くは、となりの磐梯山に登っていたのでしょう。実際、磐梯山登山口のある磐梯山ゴールドライン(八方台)には、多くの車が向かっていましたね。やれやれ、空いてて良かったです。(笑) 
Cimg2635山頂から望む磐梯山(1819メートル)。 山頂からは、360度の大パノラマが広がっていました。猪苗代湖もキラキラ輝いていました。 いやー、トレッキングは、やっぱり晴れた日に限りますね。(笑)   ここ猫魔ヶ岳山頂からは、なんと、猪苗代湖、桧原湖、雄国沼が同時に見ることができるのです。多分、唯一の場所でしょう。磐梯山からは、猪苗代湖、小野川湖、秋元湖、桧原湖などは見ることはできますが、雄国沼は見ることはできないのです。
Cimg2631山頂から望む桧原湖とネャンコマ スキー場(笑)   なんか変な感じですね。今年の3月には、 猫魔スキー場から猫魔ヶ岳の山頂を見ていました。。。。このすぐ下の方には、ネコマ一のタフな斜面である「ラ・フューテ コース」が展開しています。

|

« 猫魔ヶ岳 Ⅰ (福島県北塩原村) | トップページ | みんなの三歩、永遠に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫魔ヶ岳 Ⅱ (福島県北塩原村):

« 猫魔ヶ岳 Ⅰ (福島県北塩原村) | トップページ | みんなの三歩、永遠に! »