« 上高地 Ⅲ (長野県松本市) | トップページ | 和賀岳Ⅰ (岩手県西和賀町) »

2012年6月24日 (日)

上高地 Ⅳ (長野県松本市)

上高地からの帰りは、バスに乗り遅れたため、新島々までタクシーで行くハメになってしまいました。 着替える時間も無かったので、帰りのタクシーの中で、汗だくのシャツやトレッキングパンツを着替えました。やれやれです。 一応タクシードライバーさんには、ちゃんと了解を得ましたが。。。。(笑)     ドライバーさんが、言っていましたが、梅雨のこの時期に、こんなに晴れて暖かくなるのは、かなり珍しいとのことでした。この日、松本では、30度まで気温が上昇したそうです。 車中、ドライバーさんに、「どちらから来たのですか?」と聞かれたので、「仙台から日帰りで来ました」と言ったら、かなりびっくりされました。(笑) 関東、東京あたりからですと日帰りで来る人も多いようですが、東北、仙台あたりから、日帰りで来る人は、かなり珍しいようですね。   「仙台あたりは、地震で大変でしたね!」と、地震の話で大いに盛り上がりました。(笑) 被災地仙台から日帰りで来て、しかもバスにも乗り遅れたということで、同情されたからなのでしょうか?なんと、まだ新島々に着いてもいないのに、「今日は、1万円でいいから!」と言って、1万円ジャストでメーターを止めてしまったのです。いやー、これにはびっくりしました。大変ありがたかったです。上高地から新島々までタクシーで行くと料金は、14000円~15000円くらいかかるそうですね。感謝です。丁重にお礼をしてタクシーを降りました。でも、勝手な値引きとかして、会社とか大丈夫なのかなー?と、ちょっと心配になりましたね。(笑)  
Cimg1884河童橋の近くにある上高地ビジターセンター。 特別保護区 上高地の案内役となる施設でもあります。ここでは、上高地の自然に関する展示や映像の上映など、自然に親しむために必要な情報提供を行っています。----------------------- 
Cimg1883ビジターセンター内部。 入り口を入ると、正面に設置された、大きなパノラマ画が目に飛び込んきます。霞沢岳の上空から撮影された俯瞰図を元にして、細部まで詳細に、しかも立体的に描かれています。けっこう見応えがありました。また、ここにはミュージアムショップもあり、珍しいお土産もたくさん売ってましたね。
Cimg1905上高地の帝国ホテル。 最後の最後に立ち寄ったのがここです。帰りのタクシーのドライバーさんに頼んで、ちょっと寄ってもらいました。(笑) ここは、日本で最初に開業した山岳リゾートホテルとして有名ですね。皇族の方もよく利用するそうです。  残雪に抱かれた穂高連峰の峰々と美しく調和して、まるで絵葉書のような素晴らしい景観を見せています。 まあ、今度来る時は、日帰りなどどいうアホなことはしないで、(笑) 連泊して山に登ったり、じっくりとこのあたりを散策してみたいものです。
Cimg1900ウォルター・ウェストン碑。 彼の滞在した上高地清水屋ホテル近くにあります。 名門ケンブリッジ大学出身で頭脳明晰、登山家でもあり宣教師でもあった彼は、日本アルプスを次々と踏破し、日本アルプスを世界に紹介しました。日本の近代登山開拓の父とも言われていますね。

|

« 上高地 Ⅲ (長野県松本市) | トップページ | 和賀岳Ⅰ (岩手県西和賀町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上高地 Ⅳ (長野県松本市):

» 上高地  4 (長野県 松本市) [Anthony's CAFE ]
上高地からの帰りは、バスに乗り遅れたため、新島々までタクシーで行くハメになってしまいました。    着替える時間も無かったので、帰りのタクシーの中で、汗だくのシャツやトレッキング・パンツを着替...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 4日 (水) 13:43

« 上高地 Ⅲ (長野県松本市) | トップページ | 和賀岳Ⅰ (岩手県西和賀町) »