« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

天元台スキー場に行ってきました。天候、ヤバイくらいの晴天。(笑) 気温やや低め。平均270センチという驚異の積雪。食事券付割引チケットを利用して、9時から14時過ぎまで滑ってきました。中畑カントクでないけど、すべてにおいて絶好調でしたね。(笑)
Cimg1667標高1820メートルのトップから望む蔵王連峰。  ベースから、しらかばロマンリフト、しゃくなげロマンリフト、つがもりロマンリフトと乗り継ぎ1820メートルのトップにの登る。息をのむほどの一大パノラマが展開する。しばし見事な磐梯朝日国立公園の景観を鑑賞する。蔵王連峰、飯豊連峰、朝日連峰、月山、鳥海山 などすべて見渡せる。素晴らしい!  ここからベースまで、標高差500メートル、全長3000メートルのダウンヒルが楽しめる。大きく深呼吸をして滑り出す。ターンするたびに集中力が増していく。一気にノンストップでベースまで滑った。太腿、足首がガクガクになり、息が上がる!やれやれ!(笑)  

Cimg1675同じく標高1820メートルのトップから望む蔵王連峰。 小さな子供を連れたファミリースキーヤー。 トップからの滑りだしは、30度の急斜面である。整地されているとはいえ、小さな子供にはかなりしんどい。そこで、犬のようにリードを付けて、子供が転倒しても転げ落ちて行かないようにしてるようです。いやー、用意周到ですね。(笑) この日は、春休み中のためか、多くのスキーヤーがきていました。スキー合宿中の高校生も20人くらいいましたし、子連れのファミリースキーヤーも多くいました。それに比べ、スノーポーターは、なんと、たったの4人!!あまりにも少なくてちょっと寂しい気分になりました。(笑) 時期的にスノーボーダーが増えてくるのが、他のスキー場が終了する4月中旬からですね。

Cimg1664トップに展開するつがもりゲレンデ上部付近。オオシラビソ、別名アオモリトドマツが斜面全体を覆っている。この辺では「ツガ」と呼んでいるようです。   天元台の魅力は、他のスキー場にはない標高の高さと雪質の良さでしょう!ベースの標高が1300メートル、トップで1820メートルもあるのです。 安比で1300メートル、山形蔵王、月山でも1700メートルくらいです。標高1820メートルというと、朝日連峰の主峰 大朝日岳に匹敵する標高ですね。驚異的です。(笑)

Cimg1658中間に位置するしゃくなげゲレンデ。 ここのトップでも1500メートルもあるのです。米沢盆地の彼方、左側に見えるのが朝日連峰、その右側には微かに月山が見えます。 天元台のバーンは、どこも幅が広く、ストレスなく爽快に滑ることができます。  スキー場には、ロープで規制 (立ち入り禁止)されているところがなく、幅広いコースの両サイドには無圧雪のバーンが残されています。 秋田の八幡平スキー場のような感じで、スキー場一帯の斜面がオープンバーンになってます。どこをどう滑ろうと自己責任!ある意味開放的なスキー場であります。恵まれた自然景観と豊富な積雪、最高の雪質でネイチャートリップできるスキー場って感じかな。(笑)

Cimg1669標高1820メートルのトップから望む飯豊連峰。 深い雪に覆われた飯豊連峰がこんなに近くに見えます。   天元台と呼ばれる高原は、硫黄鉱山の跡だったそうです。周辺には集合住宅が建ち並び、天元台ロッジ(アルプ天元台)があるあたりには、なんと、学校まであったのです。 今は、広いテニスコートになっている場所は、有毒鉱滓や汚染土壌を集めてアスファルトで封印した場所なのです。 鉱山は、昭和36年で閉山され、その後の昭和38年に「天元台」と命名されスキー場としてオープンしたのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月27日 (火)

復興支援酒場 仙台店 (仙台市青葉区)

「直接被災地に行かなくても、震災の復興を応援をすることはできる!」てなわけで、先日、古い友人たちと飲みに繰り出しました。いゃー、楽しかったですね。久しぶりに飲んで、食って、騒いで、二次会には、なんと、数年ぶりにカラオケまで行ってしましました。やれやれ。カラオケなんて、実は、けっこう、バカにしてたんですけどね。(笑)

20「復興支援酒場仙台店」は、被害の大きかった、岩手県、宮城県、福島県の復興支援を目的に、(株)ドリームリンク(秋田県)という運営会社が去年の9月にオープンさせたものであります。なんと、今年の9月までの限定営業で、人件費、材料費などの経費を差し引いた分の利益全額を被災3県に寄付するという仕組みのようです。これまで200万円くらいの利益がでているとか。すごいですねー、頑張ってますねー。頭が下がります。 JR仙台駅に近いこともあってか、県外のお客さんもかなり多いとか。   地産地消をコンセプトにした食糧調達で、地元経済に少しでも貢献しようと努力しているのです。仙台牛タン焼き、石巻焼きそば、ずんだ春巻き、などなどのローカルメニューが大人気だとか。さらに、被災3県の地酒(95銘柄)を全て揃えているとのこと。いやー、驚きです。気合が入ってますねー。。。(笑)     連日連夜の超人気の超満員御礼状態が続いたため、なんと、1月には、東京に2号店として、「復興支援酒場 銀座店」がオープンしました。 東京のみなさん、是非、復興支援酒場に行って下さい!仙台にお越しの際は、是非、復興支援酒場に寄って下さい! #復興支援酒場 仙台店、銀座店はこちらをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月14日 (水)

裏磐梯猫魔スキー場 (福島県北塩原村)

朝方は曇っていましたが、だんだん晴れ間が広がってきました。積雪充分、気温やや低め、無風。この時期としては、最高のコンディション。雪質は超最高! まさにミクロファインスノーでした。 何回滑っても足腰に負担がかからないな。体も軽い!(笑)   1日券を買って、9:00時~14:00時過ぎまで滑ってきました。 

Cimg1612ラ・フォーレ・センター トップから望む。氷と雪に覆われた桧原湖が素晴らしい。
朝一のコースには、ほとんどノートラックのバーンがあった。分厚く新雪が降り積もり、パウダー・フリーラン空間と化していた。パウダー食い放題 という感じ。(笑) 今シーズンの フェイバリット ライディングの一つになるかな。    ここの右側の尾根の反対側はアルツ磐梯スキー場である。 猫魔スキー場は、中上級者専用のスキー場と言えます。 初心者や初級者向けのコースはかなり少ないです。

Cimg1620ダルジャン・センター 上部から俯瞰する。 上部は最大36度の急斜面だ。もちろん無圧雪。分厚くパウダースノーが降り積もっていた。高度感がすごい。ベースのスキーセンターまで見渡せる。 「猫魔ボウル」と呼ばれる、周囲を尾根で囲まれたボウル状の地形の中に3つのピークがある。上部はどこも30度前後の急斜面になっていて、ほとんどが無圧雪のバーンである。そのため初心者や初級者は、ピークまで登ってくることができないので、眼下に広がる雄大な景観を見ることはできないのである。残念!

Cimg1624ラ・フォーレ・イン トップ付近からラ・フューテ コースを望む。 猫魔ヶ岳(1404メートル)の山頂に一番近いこのコースのリフトは止まっていました。昨日雪崩が発生したために止まっているのかなーと思っていたら。間引き運行をしていたのでした。このコースのリフトは、月~水の運行のようです。  

Cimg1618ダルジャン・センター トップから望む磐梯山。しだいに晴れ間が広がってきて、ついに磐梯山が姿を現した。  このスキー場のトップに立ったなら、まずは、見事な景観を鑑賞したい。 ライディングは、その後でいい!(笑)

Cimg1603スキー場に停まっていた救助用のヘリコプター。  昨日(13日)、大学生のスキーヤーとスノーボーダー二人が、コース外を滑走中に雪崩に巻き込まれたそうです。スキー場一帯には雪崩注意報が出ていたとか。その時、へりを出動させて救助したとのこと。やれやれ。 その記事がこちらです。   「雪崩:猫魔スキー場で、札幌の男性2人が重傷 /福島  13日午後3時半ごろ、北塩原村の「裏磐梯猫魔スキー場」で雪崩が発生し、知人が巻き込まれたとの119番通報が、スキー客からあった。  猪苗代署によると、巻き込まれたのは、スキーとスノーボードをしていた札幌市北区の北海道大3年、小泉平さん(22)と同区、同大1年の勝山祐太さん(19)。胸や足の骨を折る重傷。命に別条はないという。  雪崩は幅約30メートル、長さ約100メートル。現場は、猫魔ケ岳(標高1403メートル)の山頂付近に設置された上級者向けコース「ラ・フューテ・アウト」西脇の林。コースから外れた林の中は、ロープで立ち入りが禁止されており、ロープを乗り越えて2人目の勝山さんが滑り始めた時点で雪崩が発生、先に滑っていた小泉さんと共に巻き込まれたとみられる。  男女5人のグループで来場し、残り3人も近くにいたが滑走前で無事だった。当時の天候は曇りで積雪は約3メートル、雪崩注意報が発令されていた」


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年3月 5日 (月)

泉高原スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

またまた、雪が降りました。仙台では、また今シーズンの最高積雪の記録を更新!そんなこんなで、急遽スプリングバレーに行ってきました。予想は的中!圧雪されてたのは、メインのクリッパーコースのみ。あとは、無圧雪の新雪が降り積もったバーンが展開していました。 4時間券を買い9:00時過ぎから~13:00時頃まで滑ってきました。  

Cimg1590最奥のクレッセントコース。 固めのバーン状態の日が多く、普段は怖くて滑れません。(笑) しかし、今日は違っていました。新雪が分厚く降り積もり、気分よく滑ることができましたね。湿り気の多い雪でしたが、スノーボードだと全く問題なしです。ストレスなく、サーフィン(やったことはないですが)のように雪の表面をスイスイと滑ることができます。(笑) 気分爽快!素晴らしい!  スキーだとかなり滑りずらい状態になりますね。

Cimg1587メイフラワーコース中間付近、ここも新雪が分厚く降り積もっててた。。。 昼頃になると湿った雪がモサモサ降ってきました。   最近、スノーボードスタイルは多様化してきた。多くのスノーフリークが誕生して、それはそれで非常に良いことである。だだ、多様化した表面だけに気を取られていると、スノーボードのコアな部分、本質が見えなくなってくるかも。。。。。。ライドのこのボードはかなりいい! しっかりしたキャンパーを持ったボードで、踏んだ分だけ、加重した分だけ、ターンしてくれるという操作性を持っている。やっぱり、キャンバーボードはスノーボード本来の機能を持ってる。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »