« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

表磐梯温泉郷 (猪苗代リゾートホテル)

このあたりの温泉は「表磐梯温泉郷」と言うそうです。 アフターは、スキー場に隣接している猪苗代リゾートホテルの温泉に入ってきました。 料金1200円とかなり高かったですが、すべてにおいて満足でした。 温泉がスキー場の近くにあって、歩いて行けるのは最高です。疲れた体を引きずって車で移動するのは骨が折れます。(笑)

 
Cimg1519猪苗代リゾートホテル。 白を基調とした洗練された建物だ。これがリゾートホテルの雰囲気か?(笑)  それにしてもすごい雪でした。これでも例年よりかなり少ないとか。。。。びっくりです。----------------------------------------------

Cimg1523ホテルの露天風呂。 寒い!雪が積もってました。  温泉は、全体的にゆったりしていて、湯船も広く、サウナやさまざまな備品も完備されていて、至れり尽くせりでした。まあ、高いだけのことはありましたね。 さらに、肝心の温泉も良かったです。 ホテルの温泉というと、ほとんどが源泉掛け流しではありません。加水、塩素系の消毒剤入りが当たり前で、カルキ臭が漂っています。しかし、ここは「源泉掛け流し」でした。カルキ臭なんてのはまったくしません。素晴らしい!(笑)  露天風呂も良かったです。雪見風呂は最高ですねー。。。。 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月26日 (木)

猪苗代リゾートスキー場 (福島県猪苗代町)

朝方は、猛烈に雪が降り続き、磐越道は50キロ規制でした。。。。しかし、天気予報は、ものの見事にはずれ、なんと、11時頃には晴れ間が広がってきたのです。いや~、ラッキーでしたね。(笑) 天候、雪~曇り~時々晴れ。気温かなり低め。積雪、雪質、まずまず。 5時間券を買って9時過ぎから14時まで滑ってきました。 いや~、驚きました、チケットがかなり安かったです。なんと5時間券が2000円! 1日券が3000円でした。びっくり!(笑)

Cimg1514レイクビュー コーストップ付近。猪苗代湖が美しい。 ここは、一番人気のコースである。 まるで、猪苗代湖にダイブするように滑る感覚だ。素晴らしい。爽快だ! パノラマコース~ファミリーゲレンデと連続して続いている全長2000メートルのロングバーンである。

Cimg1501レイクビューコース(ファミリーゲレンデ)終盤のベース付近。 なんと晴れ間が広がってきて磐梯山が姿を現した!圧倒的な存在感で迫ってくる。 このスキー場の魅力は、なんと言ってもロケーションの素晴らしさでしょう。磐梯山の中腹に位置し、全長1750メートルの高速ゴンドラ゛「スカイシャトル」で一気に上がり、正面の猪苗代湖に向かってダイブするように滑る気分は爽快である。 

Cimg1503ゴンドラから撮影。 猪苗代湖がキラキラと光っていた。ここは、どこからでも猪苗代湖が望める。 ゴンドラ乗り場奥には「猪苗代リゾートホテル」が見える。昔は、東急猪苗代リゾートホテルなんて呼んでましたね。  このスキー場は、磐越道の猪苗代磐梯高原ICからわずか15分とアクセスがよく、関東方面からのお客さんもかなり多いです。駐車場をさらっと見ても半分以上が関東ナンバーの車でした。宮城、仙台ナンバーの車はありませんでしたね。やれやれ。(笑)

Cimg1510ファンタジーコース中間付近。  ここのゲレンデは、磐梯山に抱かれるように配置されている。ゴンドラ一本で、ほぼすべてのコースをカバーしていて、効率良く滑ることができる。中斜面の続くロングバーンが多く、快適なライディングが楽しめます。                                                                                                                                             
Cimg1475ニュー・ボード。 ゴーグルをセットして滑り出す。雪がふわふわだ。充分なスピードがでるまでまっすぐにボードを滑らせる。パウダースノーの感触に意識を集中しながら、ボードで優しく雪面をつかまえターンに入っていく。雪の結晶が舞い上がる。集中力が高まり、本能的なものがむき出しになって行く。。。。。う~む、やっぱり高いものはいいですねー(笑)   ゴンドラで一緒になった地元郡山市の69才になるおじいさん? なんと、スキーは60才から始めたそうです。 ほとんど休まず連続で滑っている。すごいなー。。。 安いし、家にいても奥さんに邪魔にされるので、週に3回は来ているという。 この方の話によると、今年は、寒い日が多い割には雪がかなり少ないとのこと。例年だと2メートル近い積雪だが、今年は1メートルくらいだとか。そのため、午後になるとパウダーが削り取られて、硬いザラザラの雪がでてくる状態だとか。なるほど!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月20日 (金)

ニュー スノーボード

ムラサキスポーツで買ってきました。 板がライド、バインディングとブーツがバートンです。20%~30%OFFだったのですが、それでも少々高かったです。(笑) 板もバートンにしたかったのですが、フリーラン重視のキャンパーボード(スキー板のように真ん中が浮いていて、ノーズとテール部が接地している)は全て売り切れでした。やれやれ。欲しかったら秋に定価で買え!ってことですかね。(笑)  今はロッカーボードが全盛。ロッカーボードは、いっぱいありました。フレクションが柔らかくて、短かく、接地面が多い反ってるボードです。緩斜面でくるくる回ったりするグランドトリックやボックス、レールなどのジブ系、パーク系のスノーボーダーに最適です。初心者にも扱いやすく、すぐ滑れるようになります。

Cimg1467Rideのニュー スノーボード。 滑り重視でフリーラン、カービングに適したのは、キャンバーボード(スキー板のように真ん中が浮いていて、ノーズとテール部が接地している)ですね。パワフルなターンや安定性、正確性など、キャンバーボードはスノーボードの本来の機能を持ってる。 板 は長めで、フレクションはかなり硬め、スピードが上がっても、カービングでも板は安定するし、しっかり踏むことができ、ダイレクトに板に力を伝えることができます。

バートン 公式サイト
ライド 公式サイト


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月13日 (金)

早稲田桟敷の湯 (宮城県大崎市鳴子温泉)

昭和23年の夏、早稲田大学理工学部の学生7人がボーリング実習で掘り当てた温泉であります。 戦後まもない時期でもあり、機材も食糧も不足していて、かなり作業は難航したそうです。炎天下で、汗だく、全身まっくろになりながらの必死の作業は続きました。そんな学生さんを支えたのが鳴子の人々でした。白米の弁当や飲み物を差し入れ続けたのです。しかし、夏休みが終わってもなかなか温泉は出ませんでした。ほとんどあきらめかけていた9月に、なんと温泉が噴出したのでした。。。。早稲田大学の7人の学生と鳴子の人々との交流は「小さな青春物語」として語り伝えられています。    #映画にでもすればヒットするかも?(笑)

Cimg1458受付にあるプレート。早稲田大学の学生7人の名前がありました。なんか「7人の侍」みたいですね。(笑)    お湯は最高です。少々熱めで、無色透明、微かに硫黄臭が漂い、湯船に湯ノ花が舞う、素晴らしい温泉です。肌の弱い人もOKです。 料金530円、石鹸あり、シャンプーなし。

Cimg1456メイン通り側の入り口。 ここは、鳴子温泉のど真ん中にある共同浴場です。温泉神社近くにある共同浴場「滝の湯」とともに、鳴子温泉で最も有名な温泉ですね。場所は、JR陸羽東線鳴子駅のすぐ近くにあって、歩いても2~3分の距離です。

Cimg1459いや~、アートですねー。アバンギャルドですねー。(笑)   平成10年のリニューアルでモダンで、アートな建物に生まれ変わりました。昔の木造の共同浴場のイメージは、まったくなくなりましたね。 ここは美術館か?と思えるほどのイエローで個性的外観。遠くからも目を引いて、どっから見ても共同浴場というイメージじゃないですね!(笑) 館内は、温泉を利用した床暖房になっていてぽかぽかでした。なんと、この斬新な建物を設計したのは、早稲田大学理工学部建築学科の先生なのです! すごいですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年1月11日 (水)

オニコウベスキー場 (宮城県大崎市鳴子温泉)

積雪、雪質とも最高で、最高のライディングができました。大満足です。特に山頂コースは絶品で、全身の毛が逆立つほどの興奮を感じましたね。(笑)  天候、時折晴れ間が出ましたが、終日曇りで雪が降り続く展開。かなり寒かったです。リフトに乗っているとしんしんと冷えてきました。 食事券1000円付のお買得1日券(3700円)を購入し、9:00過ぎから14:00頃まで滑ってきました。

Cimg1446山頂コース(フォレストロード)、全長1000メートル、最大斜度20度。サラサラのパウダースノーを圧雪してあるフラットバーンのため、連続5本くらい滑っても、全く足腰に負担がかからない快適なバーンである。オニコウベでは一番人気のコースでもある。

Cimg1441山頂コーストップ付近。 とにかく、とんでもないくらい寒かった。風がほとんど無かったのでたすかりましたが、リフト乗り場の温度計は、マイナス13度くらいをさしてましたね。 滑り初めのころは、もさもさと雪が降っていましたが、次第に晴れ間が広がってきました。でも長続きはしませんでしたが。。。。(笑)

Cimg14451山頂レストラン「コルブラン」。 平日は閉店してることが多いのですが、今日は営業してました。 でも、スキーヤー、スノーボーダーを合わせても15、6人という感じですから利用する人はほとんどいないでしょうねー。。。。やれやれ。 

Cimg1450スワンズのゴーグル。 曇り防止のダブルレンズ+高機能偏光レンズ+耐衝撃、耐寒、耐熱+ポリカーボネート成型球面レンズ(ゆがみが少ない)などなど、少々高かったですが良かったです。スピードが上がってもコントラストが高く、はっきりとした視界が得られました。雪面のギャップや凹凸もはっきり分かりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »