« 「なめとこ山の熊」 | トップページ | 乳頭山 Ⅱ(秋田県 仙北市) »

2011年10月13日 (木)

乳頭山 Ⅰ (秋田県 仙北市)

田沢湖の奥に位置する乳頭温泉郷の黒湯から錦秋の乳頭山(1478メートル)に登ってきました。秋田駒ヶ岳の北西に位置する山で、縦走路も整備されていて秋田駒ヶ岳からの縦走もできます。   山頂は風が強く、ガスが急速に流れてきていてかなり寒かったです。スノーボード用のウェアを着こみ、毛糸の帽子をすっぽりかぶって、おにぎりを食べました。トレッキング用のグローブでは、防寒にならず、手がかじかんできましたね。やれやれ!(笑)  #Ⅱに続く・・・・・

Cimg1177乳頭温泉郷の秘湯 黒湯が登山口になっています。湯治場としての雰囲気を色濃く残している温泉でした。 ここから温泉を迂回して登山道は続いている。

Cimg1164紅葉の先達川。 この沢に沿って登山道は続いている。少し進むと、硫黄臭がプンプンと漂よい 灰白色の荒々しい岩肌を見せている場所に出でます。こから大量の温泉が湧き出しているのです。大釜温泉である。温泉といっても何にもないところです。ただ温泉が湧き出している場所なのです。(笑) この先には、一本松温泉という場所もあります。ここには沢沿いに小さな露天風呂が作ってありました。ただし、露天風呂といっても、スコップで掘って作ったような風呂です。脱衣所も何もありません。湯加減は沢の水が適度に入り、ちょうど良かったですね。(笑)

Cimg1158ブナ林の紅葉。 しばらくはブナの樹林帯の中を進む。ブナの紅葉が素晴らしい。 日は差しているが、ピーンと張りつめた冷たい朝の空気が、深まりゆく山の秋を感じさせてくれる。。。。

Cimg1133稜線から山頂方面を望む。 ここからだと山頂の「乳頭」は見えませんでした。 このあたりで標高は、1200メートルくらいである。登山道は、ブナ林からダケカンバ帯、そしてこのあたりからハイマツ、ヒメ笹を主とする灌木帯に変わる。

Cimg1149山頂直下より望む。この辺からだと、まさに「乳頭」ですね。(笑) ここまで来ると山頂も間もなくである。 風が強くなってきた。ガスもかかってきた。次第に寒くなってくる。 やれやれ、山頂からの眺望はイマイチかなー。。。。(笑) 

|

« 「なめとこ山の熊」 | トップページ | 乳頭山 Ⅱ(秋田県 仙北市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳頭山 Ⅰ (秋田県 仙北市):

» 乳頭山  1 (秋田県 仙北市) [Anthony's CAFE ]
田沢湖の奥に位置する乳頭温泉郷の黒湯から、錦秋の乳頭山(1478メートル)に登ってきました。  秋田駒ヶ岳の北西に位置する山で、縦走路も整備されていて秋田駒ヶ岳からの縦走もできます。  山頂...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 13:16

« 「なめとこ山の熊」 | トップページ | 乳頭山 Ⅱ(秋田県 仙北市) »