« 旧 ファミリー・タウンあぶくま (福島県 田村市) | トップページ | 東日本大震災~解体と撤去 »

2011年9月 7日 (水)

鬼穴(福島県 田村市)

阿武隈高地の大滝根山には、「大多鬼丸伝説」が昔から語り伝えられきた。 平安時代の頃、豊かな陸奥の国は大和朝廷に侵略されつつあった。当時、大滝根山に白銀城を築き周辺を治めていたエミシの豪族大多鬼丸は、平和で、豊かな集落をつくっていた。ある時、大多鬼丸のもとに、「お前が支配する領土や民は、みんな朝廷のものだ。これら全てを朝廷に差し出せ」という書状が届いたという。大多鬼丸は激怒して、これを拒否、朝廷との戦を決意した。。。。そして、京都から坂上田村麻呂が大軍を率いてこの地に現れ戦が始まったのである。

Cimg09872_3「鬼穴」に行く登山道は、地震での崖崩れのため立ち入り禁止になっていた。でもまあ、5ヶ月もたっているので安定しているだろうと思い行くことにした。登山道は、がけ崩れで寸断されていた。しかし、たいした斜面ではなかったので、簡単に通過することができたのでした。 (笑)

Cimg09933_2鬼穴入り口。 入り口は、けっこう狭いが、内部はかなり広々としていた。鬼穴も鍾乳洞なのである。ある大学のケイビングクラブの調査で、なんと、かなり下の方にある「あぶくま洞」と繋がっていることが確認されたのである。このあたりに降った雨は、鬼穴を通ってあぶくま洞に流れ出るとのこと。   多勢に無勢、田村麻呂との戦いで、敗戦濃厚、追い詰められたの大多鬼丸は、この洞窟に立てこもり自害したという。

Cimg09891鬼穴内部。 恐る恐る入ってみる。けっこう広い。この先には鉄柵があり立ち入り禁止になっている。なんでも、絶滅危惧種の日本テングコウモリが棲息しているからだという。 写真を撮っているときは真っ暗で気がつかなかったが、なんと、コウモリが写っていましたね。びっくり。みなさんも、写真を拡大してじっくり見て下さい。(笑)


|

« 旧 ファミリー・タウンあぶくま (福島県 田村市) | トップページ | 東日本大震災~解体と撤去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼穴(福島県 田村市):

» 鬼穴 (福島県 田村市) [Anthony's CAFE ]
阿武隈高地の大滝根山には 「大多鬼丸伝説」 が、昔から語り伝えられきた。  平安時代、豊かな陸奥の国は大和朝廷に侵略されつつあった。  当時、大滝根山に白銀城を築き周辺を治めていたエミシの豪...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 7日 (水) 23:23

« 旧 ファミリー・タウンあぶくま (福島県 田村市) | トップページ | 東日本大震災~解体と撤去 »