« 日光白根山 Ⅰ (群馬県片品村) | トップページ | 大滝根山 Ⅰ (福島県田村市) »

2011年8月14日 (日)

日光白根山 Ⅱ (群馬県片品村)

かなり多くの登山者がいました。タフな斜面が続くので、さすがに高齢者は少なかったですが、いわゆる「山ガール」など、若い登山者がかなり多かったです。なんか、嬉しくなりますね。(笑)   山頂は、岩峰になっていてかなり狭く、記念写真を撮る登山者で溢れていました。   仙台(3:30発)→宇都宮→日光市→金精峠→群馬県片品村菅沼口(7:50着) 菅沼登山口(8:00発)→阿弥陀ヶ池→山頂(11:00着)→阿弥陀ヶ池→菅沼登山口(13:45着) 休憩含む。約5時間45分のトレッキングでした。

Cimg09205山頂直下付近の登り。 阿弥陀ヶ池からは、ひたすら急坂を山頂まで登り詰める。タフな急斜面が続いて かなりしんどい。おまけにガスで眺望もほとんどきかないので、ますます滅入ってくる。(笑)   登山口から阿弥陀ヶ池までも、ダケカンバの深い樹林帯の中をを進むので、眺望はほとんどない状態。暑かったら、登るのがいやになり途中で引き返していたでしょう。(爆)

Cimg0924山頂の様子。山頂付近にはいくつかの岩峰が複雑に入り組んでいて、そのなかの最高点がピークになっている。鳥海山の山頂にちょっと似ている感じかな。  山頂には、次々と登山者が登ってきまた。混雑を避け、写真を数枚撮って、早々にピークを下りてきましたね。やれやれ。 

Cimg09282丸沼を俯瞰する。 山頂著直下の下り。  風が強くなり、ガスがとれて展望が広がってきた。思わず声を上げたくなるほどの景観が展開する。素晴らしい!ラッキーだった。 丸沼高原には、スキー場のロープウェイがあり、これを利用した登山者が続々と登ってきていた。  

Cimg09326阿弥陀ヶ池を俯瞰する。 上のほうには、菅沼も見える。高度感がすごい。 このあたりは、急斜面になっていて、浮石がごろごろしている。けっこう下るのが大変だ。トレッキングポールを上手く使いながら、足をとられないように慎重に下る。

|

« 日光白根山 Ⅰ (群馬県片品村) | トップページ | 大滝根山 Ⅰ (福島県田村市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光白根山 Ⅱ (群馬県片品村):

» 日光白根山  2 (群馬県 片品村) [Anthony's CAFE ]
 かなり多くの登山者がいました。タフな斜面が続くので、さすがに高齢者は少なかったですが、いわゆる 「山ガール」 など、若い登山者がかなり多かったです。  なんか、嬉しくなりますね。(笑) ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 01:26

« 日光白根山 Ⅰ (群馬県片品村) | トップページ | 大滝根山 Ⅰ (福島県田村市) »