« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

「東岩手火山」  

「春と修羅 第一集」に収められている賢治の詩である。岩手山に関した詩では、一番有名かもしれない。 賢治が花巻農学校の教師をしていた頃、生徒たちと一緒に岩手山登山をしたときの様子が描写されてる。 賢治と生徒たちが未明に登山し、星座を観察し、外輪山をまわってご来光を見る様子が、時間とともに刻々と変化して行く岩手山を背景にして、まるでビデオカメラで撮影してるように詠われている。。。。。なんと、この詩には秋田駒ケ岳と鳥海山などが登場するのです。 賢治先生は、一緒に登ったであろう生徒達に、次のように説明しています。 #「東岩手火山」はこちらです。

ああ、暗い雲の海だ
《向ふの黒いのはたしかに早池峰です
線になつて浮きあがつてるのは北上山地です
うしろ?
あれですか
あれは雲です、柔らかさうですね
雲が駒ケ岳(秋田駒ケ岳)に被さつたのです
水蒸気を含んだ風が
駒ケ岳にぶつつかつて
上にあがり
あんなに雲になつたのです
鳥海山は見えないやうです
けれども
夜が明けたら見えるかもしれませんよ》 「東岩手火山」春と修羅第一集より

Cimg0880秋田駒ケ岳(横岳付近)から望む岩手山。   この詩を読むにあたっては、火山に関する知識がある程度が必要だと思っています。この詩を読んで、「良く分からない!」という人もかなり多いでしょうね!(笑)


Cimg0881山頂付近から望む鳥海山。雲の上にぽっかりと浮かんでいた。  未明の岩手山の頂上付近で、賢治による「星空案内」が行われます。さすが!賢治は科学者でもありますね。  「。。。さうさう、北はこっちです  北斗七星は  いま山の下の方に落ちてゐますが  北斗星はあれです  それは小熊座といふ  あの七つの中なのです  それから向ふに  縦に三つならんだ星が見えませう  下には斜めに房が下がったやになり  右と左とには  赤と青と大きな星がありませう   あれはオリオンです オライオンです   あの房の下のあたりに  星雲があるといふのです   いま見えません  その下のは大犬のアルフア  冬の晩いちばん光って目立つやつです   夏の蠍とうら表です。。。」  「東岩手火山」春と修羅第一集より
       

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月27日 (水)

国見温泉 (岩手県雫石町)

秋田駒ケ岳に登ったあと、国見温泉の森 山荘によって温泉に入ってきました。なんとも不思議な温泉でした。なんとグリーンの湯なのです。エメラルドグリーンの湯!源泉の中に藻(植物)の一種が含まれていて、光に当たると光合成が始まり緑の湯になるとか。全国的にもかなり珍しいしとのこと。。。。。食堂もあったので、湯上りにノンアルコールビールでのどを潤し、「ひっつみ定食」を食べてきました。 「ひっつみ」は、岩手の郷土料理である。こんな感じ。

Cimg0891森 山荘全景。 国見温泉は、秋田と岩手の県境の高台(標高900メートル)ある素朴な山のいで湯である。 硫黄臭の漂う中に、二軒の温泉旅館がある。もう一軒は石塚旅館。

Cimg0827森 山荘。 緑の景観と緑の湯。。。気分爽快な露天風呂もあります。 国見温泉は、平均の7倍という高濃度の重曹やマグネシウムなども含んでおり、1週間も入り続ければ、頑固な慢性胃腸病でもたちどころに治ってしまうという、すごい温泉なのです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月22日 (金)

秋田駒ケ岳 Ⅱ (秋田県仙北市)

仙台を4:30分に出発。国見温泉に着いたのが、7:20分頃でした。 国見温泉登山口(7:30発)→横尾根分岐→ムーミン谷→男岳山頂→男女岳山頂(10:30着)→大焼砂→横尾根分岐→国見温泉(13:00着) 休憩含む。約5時間30分のトレッキングでした。 秋田駒ケ岳は、八幡平国立公園内にあり、男女(おなめ)岳、男(お)岳、女(め)岳などのいくつかの溶岩円頂のピークから形成されている。なんといっても見どころは、これらのピークが取り囲む巨大な火口壁、カルデラである。 

Cimg0872秋田駒ケ岳(男女岳、1637メートル)山頂。 息をのむ最高の展望。視界をさえぎるものはなにもない。360度の大パノラマ。田沢湖、岩手山、鳥海山、早池峰山など、全てが見渡せた。

Cimg08643美しいコニーデ型の山容の男女岳。後方に見えるのが岩手山。  八合目まで車で登ることができる秋田県側からは、ガイドさんに率いられた、ツアー登山の団体さんが続々と登ってきた。ほとんどが高齢者、じいちゃん、ばあちゃんたちである。(笑) 高山植物の宝庫でもある秋田駒ケ岳、高齢者には人気があるのでしょう。

Cimg08696阿弥陀池と山小屋。 ここから、ほんの5~6分の登りで男女岳の山頂である。  阿弥陀池の周りも美麗なお花畑が広がっている。もちろん木道以外は一切立ち入り禁止になっている。

Cimg08872南に続く横尾根にある大焼砂。スコリアと呼ばれる火山礫によって形成されていて、独特の不思議な景観をつくりだしている。 高山植物の女王コマクサの群落地帯になっていて、ピンク色の可憐な花が斜面を染める。両側にコマクサの群落を見ながらの下山は快適であった。癒されましたねー。。。(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月21日 (木)

秋田駒ケ岳 Ⅰ (秋田県仙北市)

秋田、岩手の県境にある国見温泉(岩手県雫石町)から登ってきました。 天候はほぼ快晴、しかし、涼しさを通り越して寒かったです。汗をかくこともなく快調なペースで登ることができました。下山時は、さすがに寒くてウインドブレーカーを着込みましたが。。。 山頂付近は、台風の影響か?猛烈な風が吹き付けていて、吹き飛ばされないように這いつくばって進みました。  #Ⅱに続く・・・・・

Cimg08451カルデラの底。通称「ムーミン谷」と呼ばれている。高山植物の宝庫。ほとんどフィヨルドの谷である。(笑) 正面に聳えるのが男岳(1633メートル)、ここからの田沢湖の展望は素晴らしかった。

Cimg08788男岳山頂直下から望む女岳。 昭和45年に噴火したという。流出した溶岩の跡が生々しい。後方に見えるのが田沢湖である。 

Cimg08621男岳(1633メートル)山頂。 猛烈な風が吹き付ける中、這いつくばりながら岩尾根を登り詰めてたどり着いた。  古来からの馬の神様として尊信の深い駒形神社の祠があった。信仰上重要だったのは、最高峰の男女岳(1637メートル)ではなく男岳だったのだろう。

Cimg08899下山時、ムーミン谷を俯瞰する。6月下旬頃だとチングルマの大群落が見られる。 誰が名づけたのか「ムーミン谷」。。。?氷河にに削り取られたカール(U字谷)に似ていると思ったのでしょう。  正面が男岳、左側が女岳。男岳はカルデラの底に向かって激しく切れ落ちている。登山道は、尾根に向かってジグザグに続いていた。高度感がすごい。距離は短いが一汗しぼりとられる。  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月13日 (水)

白神山地~十二湖、日本キャニオン (青森県深浦町)

下山後、時間があったので白神山地の観光スポットでもある十二湖、日本キャ二オンを散策してきました。 帰りには、秋田側にある「八森いさりび温泉 ハタハタ館」により、スッキリ、サッパリしてきました。(笑)  まあ、ほんとうは、一泊でもして日本海に沈む夕日を眺めながら入りたかったのですが。。。。(笑)  

Cimg0820十二湖にある青池。 白神山地 西麓の広いブナの原生林の中には、大小30以上の湖沼が点在する。これらを総称して十二湖と呼んでいる。中でも一番人気なのがこの「青池」である。コバルトブルーと言うよりは透明な「群青色」という感じです。水の中に青インクを流したようでした。いやー、見るほどに神秘的で、不思議な池です。なんで、火山地帯でもなんでもないのに、こんな色になるのだろう?不思議です。色の謎は未だに解明されていないとか。。。。やれやれ。(笑)

Cimg0817十二湖近くにある日本キャニオン。 地震による、崩落、地すべりによってできたという。U字谷の大絶壁が展開する。自然の営みが生んだ見事な造形美ですね。見ごたえがありました。散策コースにも組み込まれていて、遊歩道も整備されていました。 

Cimg0824青森、秋田の県境付近から、青森方面を望む。大間越の美しい海岸線が展開がする。遠方に不老不死温泉のある黄金崎が見える。 日本海は、波も穏やかでいいですね。このあたりは磯遊びのできる海水浴場や釣り場も多く、国道に沿って貸し別荘が点在している。 今年は、津波によって太平洋側では、海水浴も釣りも全くできませんから、日本海側は大いに賑わうでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月11日 (月)

白神岳 (青森県深浦町)

秋田や能代、青森西部の気温は、軒並み34~35度!すごい気温と湿気でした。まるで熱帯雨林のジャングルにいるような感じ。 登る前からものすごい暑さ。歩いてもいないのに、汗がしたたり落ちてきます。私にとっては、ほとんど登山をするような環境ではありませんでしたね。 「なんで梅雨も明けていないのに、こんなに暑いんだ!」とぶつぶつ言いながら登り始めました。(爆)  なんか、 いやな予感がしましたね。 大量の汗をかきながら、あえぎながら、約2時間30分登ったところで、異変が起きました。 顔から血の気が引くような感じがして、目の前が真っ白になり、ふらふらして、思わずうずくまってしまいました。まったく動くことができませんでした。水分を大量に補給して、エネルギー補給のゼリーをすすって、しばらく休んでいました。20分くらい休んでいたらなんとか回復してきました。当然、ここで引き返してきました。マテ山の少し先あたりでしたね。  東北の南部北部とも梅雨明けしたと、下山後知りました。やれやれです。 家に帰ってから、ネットで調べてみたら、今回の症状は、「熱失神」というそうですね。(直射日光下の野外や高温多湿の環境などで、長時間活動していた場合に、末梢血管の拡張によって血圧が急激に下がり、めまいを起こしたり失神したりします)  失神したらヤバかったですね。(笑)  #白神山地(十二湖、日本キャニオン)に続く。。。。。

Cimg0808_2ブナの原生林が素晴らしい。 ブナに覆われた日陰の登山道でも、蒸し風呂のような暑さでした。 暑さには、とことん弱いですねー(笑)   世界遺産 白神山地は、核心地域と緩衝地域に分かれている。登山の対象となるのは、緩衝地帯の山である。核心地域は、一切人の手は加えられないし、勝手に入山することも厳禁である。 白神岳の東側方面には広大な核心地帯が広がっている。ここを見られなかったのが残念でした。涼しくなってからのお楽しみということで。。。。(笑)

Cimg0809_2手付かずの広大なブナの原生林が広がる白神山地。世界遺産に登録後、世界中から多くの観光客がブナの林を見るためにやって来る。でも、まあ、ここに存在するのは、手付かずの自然のみである。荘厳な神社仏閣や驚異の古代遺跡もない。少しも派手さは感じられない。「なんだ、これが世界遺産なのか?」、「なぜ、これが世界遺産なんだ?」と感じる人も多いと聞く。。。。だからこそ、いいのである。ただブナの原生林の中を歩くだけで癒されるのである。そんな贅沢な体験が味わえるのは他にない。

Cimg0801_2白神岳登山口。  仙台の自宅を3時50分に出発。東北自動車道、秋田自動車道をひたすら北上。能代南インターで高速道を降り、国道101号線をさらに北上し白神岳登山口へ。登山口に着いたのが8時15分頃でした。当然、往復の高速料金13100円は無料でした。嬉しい限りです。(笑)

Cimg0814_2登山口にあった記帳所。  一応、住所、氏名、下山時間などを書いてきました。 日曜日には、かなりの登山者が登っていましたね。関東、関西方面の人がほとんどで、地元の人はまったくいませんでした。さすが世界遺産ですね。(笑)  

Cimg080340分ほど登ったところにある二股の分岐。  左に進むと、沢の渡渉などもある「二股コース」、右に進むと「マテ山コース」である。 今回は「マテ山コース」を選択。 白神岳登山口発(8:30)→二の又の分岐→マテ山の先あたりまで(11:00)。 山頂までは、約1時間30分の距離でした。 白神岳は、標高1232メートルとかなり標高の低い山です。しかし、あなどってはいけません。登山口のある辺りの標高が150メートルくらいで、標高差1000メートル以上を登ることになるし、山頂までの距離も長いです。「白神岳をなめんなよ!」ということですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »