« 那須岳 Ⅰ (栃木県 那須町) | トップページ | 那須岳 Ⅲ (栃木県 那須町) »

2011年6月 7日 (火)

那須岳 Ⅱ (栃木県 那須町)

那須連峰は、火山活動で形成された、荒々しい、ダイナミックな山容を誇っていますが、朝日岳から三本槍岳に向かう途中には、小規模ながら高層湿原が広がっていて、ほっとして一息つきたくなりましたね。(笑)  ルートは、峠の茶屋跡の駐車場(8:00発)→峠の茶屋跡避難小屋→朝日岳山頂(9:30着)→清水平→三本槍岳山頂(10:45着)→朝日岳の肩→峠の茶屋跡避難小屋→茶臼岳山頂(13:00着)→峠の茶屋跡避難小屋→駐車場(14:15着) 休憩含む。 約6時間15分のトレッキングでした。 #Ⅲに続く。。。。。

Cimg06999三本槍岳(1917メートル)山頂。那須連峰の最高峰である。山頂からは、那須連峰の山々や会津の山々が、360度一望のもとである。  思えば遠くに着たもんだ!(笑) 今シーズン初めてのトレッキングの割には、かなり歩きました。 膝が痛くなってきたし、太腿もパンパンです。やれやれ。

Cimg07068三本槍岳。清水平の手前付近から望む。 山名からはアルペン的な鋭峰を想像しますが、実際には、どっしりとした重量感のある山容でした。  奇妙な山名ですが、江戸時代、会津、那須、黒羽 3藩の国境確認のため、三本の槍が山頂に立てられことに由来するという。

Cimg06963清水平の木道と三本槍岳。 この辺りは、福島県との県境である。三本槍岳の山頂も福島県との県境になっている。  清水平には清々しい空気が流れていた。山に挟まれた窪地にあるため、風もなく暖かくて気持ちがいい。思わず休憩したくなりますね。 


|

« 那須岳 Ⅰ (栃木県 那須町) | トップページ | 那須岳 Ⅲ (栃木県 那須町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須岳 Ⅱ (栃木県 那須町):

» 那須岳 ? (栃木県 那須町) [Anthony's CAFE ]
那須連峰は、火山活動で形成された、荒々しい、ダイナミックな山容を誇っています。  が、朝日岳から三本槍岳に向かう途中には、小規模ながら高層湿原が広がっていて、ほっとして一息つきたくなりました...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 10:49

« 那須岳 Ⅰ (栃木県 那須町) | トップページ | 那須岳 Ⅲ (栃木県 那須町) »