« 映画「サマーウォーズ」 | トップページ | オニコウベスキー場(宮城県大崎市鳴子温泉) »

2011年1月27日 (木)

映画「ソーシャル・ネットワーク」

涙と感動の物語ではなく、刺激的な問題作でもあません、あっ!と驚くようなどんでん返しがあるわけでもありませんが、実話の人間ドラマとしては、十分見ごたえがありました が。。。。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞云々と巷で大騒ぎするほどの映画かな?というのが正直な感想です。アメリカには、IT関係創業者のサクセスストーリーやトラブル、訴訟なんてのはいたるところに転がっていますし、ビルゲイツやスティーブジョブズとかをモデルにした映画を作ったほうがかなり面白いじゃないかなーという感じですかね?(笑)    監督は、「セブン」、「ファイトクラブ」、「ゾディアック」などスリリングで刺激的な作品を次々と送り出す、鬼才デヴッド・フィンチャー。 主人公は、2010年のタイム誌の表紙を飾った26歳の億万長者マーク・ザッカーバーグ、彼は天才プログラマーであり、天才ハッカーでもある。ハーバード大学(コンピュータ・サイエンス専攻)在学時代に、彼女にフラれた腹いせに、親友サベリンの協力を得て、一晩で「フェイスブック」の元になる女子大生のランク付けサイトを作ってしまう。 ハーバード大学ファイナルクラブの「ハーバードコネクション」(コミュニティサイト)のプログラミングの依頼主であるウィンクルボス兄弟のアイディアを利用し(盗用し)、親友である共同創業者サベリンの資金を利用し、「フェイスブック」のコミュニティを全米に広げて行く。 IT業界の異端児ショーン・パーカーをアドバイザーに迎えてからは、アメリカを飛び出してユーロでも拡大し続ける「フェイスブック」。 しかし、マークは、親友サベリンやウィンクルボス兄弟から訴えれ、二つの訴訟を抱える展開に。。。。。。。時系列の配置が巧妙で、三つの話がフラッシュバックを使い行き来しながら進行して行く。見ごたえがありました。まるで、伊坂幸太郎の小説を読んでいるような感じかな。 #「ソーシャル・ネットワーク」、アカデミー賞の最優秀作品賞の有力候補だそうですね! さて、どうなることやら?(笑)

Imagescaxdro0fエンディングに流れた「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」には、びっくりしましたね。ビートルズのこの曲が、この映画を象徴しているのかな?(笑)  「素敵な連中の仲間入りをするのは いったいどんな気分だい? 自分が何者か分かったからには こんどは何になりたいんだい?  ベイビー あんたは金持ちさ  ベイビー まったくたいしたものさ  ベイビー あんたも金持ちの仲間入りだ  デッカイ茶色のカバンに 持ち金全部しまいこんで  まるで動物園にいるみたいに 退屈している・・・・・・・・・」 ベイビー・ユーアー・ア・リッチマンより    

「ソーシャル・ネットワーク」の劇場版 予告編は、こちらをどうぞ。

「ソーシャル・ネットワーク」 オフィシャルサイトは、こちらをどうぞ。

ビートルズの「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」は、こちらをどうぞ。

|

« 映画「サマーウォーズ」 | トップページ | オニコウベスキー場(宮城県大崎市鳴子温泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソーシャル・ネットワーク」:

» 映画 『ソーシャル・ネットワーク』 [Anthony's CAFE ]
涙と感動の物語ではなく、刺激的な問題作でもあません。  あっ!と驚くようなどんでん返しがあるわけでもありませんが、実話の人間ドラマとしては、十分見ごたえがありました。  が・・・ ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 15:29

« 映画「サマーウォーズ」 | トップページ | オニコウベスキー場(宮城県大崎市鳴子温泉) »