« 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅱ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »

2010年12月17日 (金)

宮城蔵王えぼしスキー場(宮城県蔵王町)

地元のえぼしスキー場に行ってきました。いやー、このスキー場で初滑りをするとは思いませんでしたね。(笑)  山形の天元台、福島の箕輪、岩手の安比高原、夏油高原などが、ほぼ同時期にオープンしました。例年ではありえないことです。それだけ雪の降る時期が遅れたということでしょう。やれやれです。 4時間券を買って9時過ぎから12時30分頃まで滑ってきました。 

Cimg0220標高1100メートルに位置する「石子ゲレンデ」、オープンしたのは、このゲレンデのみでした。距離は短いですが、幅100メートルの快適な中斜面が広がります。-----------------------------------------------------

Cimg0229石子ゲレンデ トップ、遠方には太平洋が広がっている。   気温低め、ほとんど無風、晴れ時々曇りの天候。人口降雪の上に天然雪が降り積もり、バーンコンディションもまずまずでした。 約7ヶ月ぶりのライディング。最初はぎこちなく、ちぐはぐな滑りでしたが、2~3本滑った頃には本来の調子が戻ってきました。スキーでもそうですが、ますますスロースターターに拍車がかかってきますね。年のせい、加齢のせい、というものあるのでしょうねー。。。やれやれです。(笑)

Cimg022611時頃になるとけっこう混んできました。 スキーヤーは、高齢者だけでしたね。年齢的には、65歳~70歳前後のおじいちゃんスキーヤーがほとんどでした。中には、おばあちゃんスキーヤーも何人かいましたが。。。(笑)
 

|

« 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅱ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城蔵王えぼしスキー場(宮城県蔵王町):

« 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅱ | トップページ | 泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »