« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

泉高原スプリングバレースキー場(仙台市泉区)

大幅な客数減で経営難に陥っているスキー場が多い中、ここスプリングバレースキー場は、毎年客数を増やし、黒字で大儲けしているスキー場であります。(笑) 100万都市仙台の中心部からでも1時間弱というアクセスの良さ、夜は10時まで営業(ナイター営業)していて、仕事帰りでも余裕で滑れるという アスレチック感覚のスキー場、コンパクトにまとまっていて飽きのこないコースレイアウト、他のビックなスキー場に比べてかなり安いリフト料金などなど。。。。。これで黒字にならないほうがおかしいですね。 4時間券を買って、9時過ぎから13時まで滑ってきました。 

Cimg0241朝一のスキー場、雲海が見えた! 朝方は、薄曇で濃いガスがかかっていたが、しだいに晴れ間が広がってきた。暖かい。風もない。積雪は十分だ。しかも天然雪。ストレスなく滑れる。一本目から全開で滑れる。久々に爽快なライディングができた。

Cimg0232キッズ ボーダー! なかなかタイトな滑りをしていました。親に似たのかな??(笑) スノーボーダーも親子連れが、かなり増えてきました。 昔、スキーヤーに嫌悪されていた、 茶髪にピアス、鼻ピアス、傍若無人、自己中の反体制的スノーボーダーは見かけなくなりましたね。(笑)

Cimg0239_3ベースから望む。 積雪は120センチで、ほぼ前面滑走可能でした。  スプリングバレースキー場、超初心者スノーボーダーの練習場所や幼児のそり滑り場、幼児のスキー練習場も完備しているスキー場でもあります。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月17日 (金)

宮城蔵王えぼしスキー場(宮城県蔵王町)

地元のえぼしスキー場に行ってきました。いやー、このスキー場で初滑りをするとは思いませんでしたね。(笑)  山形の天元台、福島の箕輪、岩手の安比高原、夏油高原などが、ほぼ同時期にオープンしました。例年ではありえないことです。それだけ雪の降る時期が遅れたということでしょう。やれやれです。 4時間券を買って9時過ぎから12時30分頃まで滑ってきました。 

Cimg0220標高1100メートルに位置する「石子ゲレンデ」、オープンしたのは、このゲレンデのみでした。距離は短いですが、幅100メートルの快適な中斜面が広がります。-----------------------------------------------------

Cimg0229石子ゲレンデ トップ、遠方には太平洋が広がっている。   気温低め、ほとんど無風、晴れ時々曇りの天候。人口降雪の上に天然雪が降り積もり、バーンコンディションもまずまずでした。 約7ヶ月ぶりのライディング。最初はぎこちなく、ちぐはぐな滑りでしたが、2~3本滑った頃には本来の調子が戻ってきました。スキーでもそうですが、ますますスロースターターに拍車がかかってきますね。年のせい、加齢のせい、というものあるのでしょうねー。。。やれやれです。(笑)

Cimg022611時頃になるとけっこう混んできました。 スキーヤーは、高齢者だけでしたね。年齢的には、65歳~70歳前後のおじいちゃんスキーヤーがほとんどでした。中には、おばあちゃんスキーヤーも何人かいましたが。。。(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »