« チューンナップ | トップページ | みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米) »

2010年11月17日 (水)

みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米)

宮城県北部、岩手県と接する登米(とめ)市登米(とよま)に行ってきました。三陸道(高速道路)が登米市の北まで開通し、仙台からでも1時間弱で行けるようになりました。 登米市は、伊達一門登米伊達藩として、また、明治期まで「川の道」と呼ばれた北上川での船運業で大いに栄えました。 ちなみに、「おくのほそ道」の松尾芭蕉は、この地に一泊しているのです。 

Cimg0137登米高等尋常小学校校舎。明治21に建てられたもで、国指定の重要文化財になっている。 和洋折衷の建物ながら、洋風の雰囲気を強く漂わせている。正面にあるバルコニーが素晴らしい。校舎の中心的な位置にあり、シンボルとなっている。 現在は、教育資料館になっています。

Cimg0145旧水沢県庁記念館(市指定の重要文化財)、これは純粋な和風建築である。 明治4年の廃藩置県により伊達藩は分断され、現在の岩手県南部と宮城県北部が水沢県になり、県庁がここ登米に置かれました。しかし、明治8年で消滅!水沢県は、幻の県となりましたね。(笑)

Cimg0152_4旧登米警察署庁舎(県指定の重要文化財)、明治22年に建てられました。現在は、警察資料館になっています。 洋風木造二階建で、吹き抜けのバルコニーがあり、なかなかオシャレな建物である。明治中期の洋風建築として極めて貴重とのこと。

|

« チューンナップ | トップページ | みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米):

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/18 09:05) [ケノーベル エージェント]
登米市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月18日 (木) 09:05

« チューンナップ | トップページ | みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米) »