« みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米) | トップページ | 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅰ »

2010年11月18日 (木)

みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米)

北上川沿いの街、登米市(とめし)登米(とよま)は、登米伊達藩2万石の城下町である。前小路、後小路と呼ばれるあたりには、十数軒の武家屋敷残されています。のどかで、静かで、ゆったりとした空気が流れている街です。最近では、いろんな映画のロケ地として使われているとのこと。  

Cimg0150武家屋敷の一つ「春蘭亭」、ほとんど農家ですね。(笑) 紅葉が目にしみる。干し柿が笑っている・・・・・ここは、藤沢周平原作の映画「必殺剣 鳥刺し」のロケ地になっています。秘剣「鳥刺し」を編み出した豊川悦司演ずる剣豪の壮絶な殺陣が話題となった作品です。映画「必殺剣 鳥刺し」はこちらをどうぞ。

Cimg0154北上川、ここから石巻の河口まで40キロほどか・・・・。この辺りまでくると、川幅もかなり広くなり大河の様相をしめしている。 ここ登米には、北上川産の天然ウナギを食べさせてくれる店があります。ただし予約が必要とのこと。 北上川沿いにある明治8年創業の老舗 うなぎ割烹「東海亭」江戸時代創業の「清川」です。ウナギ好きのかたは是非どうぞ、ただしかなり高いですよ。(笑)


Cimg0162北上川河畔に建つ芭蕉翁一宿の跡の碑。  あこがれの松島を後にするとき、芭蕉は迷っていた。どの街道を通って、義経終焉の地であり、おくのほそ道最大の目的地 平泉に向かうべきかと・・・・・奥州街道に出で進むべきか、石巻に出で、「脇往還」呼ばれる五街道から派生する道(脇道)を進むべきかと・・・・結局、金華山をみたいとの万葉への憧れから石巻を通って平泉に向かうことにしたのである。ちなみに、当時、大伴家持の歌でしられる「みちのくの黄金産地」は金華山と思われていたのです。 石巻で一泊した芭蕉は、この地でも一泊し翌日平泉に向かったのである。 おくのほそ道には、「どこまで長いか不安になるような長沼という沼沿いに進み、戸伊摩(登米、とよま)というところで一泊して、平泉に到着した。その間の距離は二十里ちょっとだったと思う。」 という記述しかないのである。(笑)


|

« みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米) | トップページ | 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米):

« みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米) | トップページ | 奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅰ »