« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅱ

ここ奥松島(宮戸島)は、アイヌ語の地名が多く残っている。縄文人が多く暮らしていた島 ということと何か関係があるのだろうか。。。。今回の目的地「メカル崎」もアイヌ語の地名なのである。 アイヌ語の「メッカル」とは、「物の背すじ・背線、沢と沢の間に細く伸びている山」という意味である。言葉の通り「メカル崎」は、海に突き出した馬の背、ナイフエッジ状になっていて細くて狭い、両側は切り立っ絶壁になっている。 

Cimg0185_2「メカル崎」の突端。ここからの眺めはまさに絶景でした。素晴らしい!(笑)  歩道が付いているのは、岬の付け根付近にあった神社までであった。ここから先は、釣師が付けた踏み跡が続いていた。松の木が生い茂る林の中の踏み跡。左右は切り立った絶壁。かなり狭い。釣りのポイントになっているのだろう、左右に踏み跡が枝分かれしている。しばらく歩くと、突然視界が開け絶景が展開する。ここも釣りのポイントになっているらしい、クロダイ等の磯釣りだ。ゴミが少し散らばっていた。「まったく!ゴミはちゃんと持ち帰れよなー!」と思わずつぶやいてしまう。 まあ、釣師の気持ちはよく解る。こんな絶景も目に入らないのだろう。(笑) ここは、マニアックな釣師しか来ない場所でもある。

Cimg0187「メカル崎」突端から松島湾方面を望む。 浦戸諸島と呼ばれる、湾内に浮かぶ島々が望まれる。正面に見えるのは、浦戸諸島最大の島 寒風沢(さぶさわ)島である。 戊辰戦争時末期、江戸を脱出した榎本武揚率いる幕府艦隊がここに寄航し、会津からを逃れて来た新撰組の土方歳三らと合流し、食料などの物資を積み込み、ここから函館の五稜郭へと向かって行ったのである。。。。。

Cimg0192名もない浜と名もない島と。。。。。写真の左側上方の林の中に名もない神社があった。。。。晴れていた空、雲が柔らかい日差しを隠した、それでも海は波頭を星のように光らせている、秋の海は浮標のように揺れている もろさにあふれている・・・・

Cimg0197「石神神社」、里浜地区の高台にある医王寺という寺の裏手にある小さな社(やしろ)である。社のある辺りもすべて貝塚であ。貝塚の上に建っていると言っても過言ではない。なんと、この社の御神体は、貝塚から出土したという縄文時代の「石棒」なのである。「石棒」というのは、男性器をシンボライズしたもので、祭祀用の道具だったと言われているものです。こんなのは、全国的にもかなり珍しいでしょうね。扉を開けてのぞいてみましたが、かなり立派な石棒でしたね。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

奥松島(宮戸島)西部を歩く Ⅰ

縄文の村歴史資料館から奥松島(宮戸島)西部を歩いてきました。 少し肌寒かったですが、秋晴れの中、約2時間30分、心地よい汗をかいてきました。 約4500年前の縄文時代からほとんど景観が変っていない全国でも稀な場所です。ここは、全国有数の縄文時代の貝塚密集地帯。奥松島だけでも20ヶ所以上にのぼります。 

Cimg0167日本一の規模を誇る「里浜貝塚」。 ここでは、大規模な製塩が行なわれており、縄文時代の交易村として栄えていました。 製塩土器に入れた海水を煮つめて作られた大量の塩は、交易品として使われ、遠く離れた村々へと送られたのでしょう。  驚くことに、なんと、ここには4500年前と同じ景観が展開しているのです。縄文時代と同じ景観が見られる場所なんて、全国でもここだけではないでしょか・・・・・・?

Cimg0171蛤(はまぐり)浜。 昔は多くのハマグリが採れたという・・・・一応海水浴場になっています。ロケーションは最高ですが、超マイナーな海水海水浴場です。(笑)---------------------------------------------------------------------

Cimg0180遊歩道から釣師の付けた道(けもの道?)を藪ををこぎながら下ると、名もない浜に出ました。釣り人しか来ないであろう浜です。 歩く、歩く、ただ ひたすら歩く。。。----------------------------------------------------------------------

Cimg0218#奥松島(宮戸島)や寒風沢(さぶさわ)島の海岸線はかなり入り組んでいます。リアス式海岸と言ってもいいのでしょうか。。。? 歩いたところは、青い線の部分です。 今回の目的地、「メカル崎」の突端まで行ってきました。遊歩道があるのは手前の神社までです・・・・やれやれ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

みやぎの明治村 Ⅱ(宮城県登米市登米)

北上川沿いの街、登米市(とめし)登米(とよま)は、登米伊達藩2万石の城下町である。前小路、後小路と呼ばれるあたりには、十数軒の武家屋敷残されています。のどかで、静かで、ゆったりとした空気が流れている街です。最近では、いろんな映画のロケ地として使われているとのこと。  

Cimg0150武家屋敷の一つ「春蘭亭」、ほとんど農家ですね。(笑) 紅葉が目にしみる。干し柿が笑っている・・・・・ここは、藤沢周平原作の映画「必殺剣 鳥刺し」のロケ地になっています。秘剣「鳥刺し」を編み出した豊川悦司演ずる剣豪の壮絶な殺陣が話題となった作品です。映画「必殺剣 鳥刺し」はこちらをどうぞ。

Cimg0154北上川、ここから石巻の河口まで40キロほどか・・・・。この辺りまでくると、川幅もかなり広くなり大河の様相をしめしている。 ここ登米には、北上川産の天然ウナギを食べさせてくれる店があります。ただし予約が必要とのこと。 北上川沿いにある明治8年創業の老舗 うなぎ割烹「東海亭」江戸時代創業の「清川」です。ウナギ好きのかたは是非どうぞ、ただしかなり高いですよ。(笑)


Cimg0162北上川河畔に建つ芭蕉翁一宿の跡の碑。  あこがれの松島を後にするとき、芭蕉は迷っていた。どの街道を通って、義経終焉の地であり、おくのほそ道最大の目的地 平泉に向かうべきかと・・・・・奥州街道に出で進むべきか、石巻に出で、「脇往還」呼ばれる五街道から派生する道(脇道)を進むべきかと・・・・結局、金華山をみたいとの万葉への憧れから石巻を通って平泉に向かうことにしたのである。ちなみに、当時、大伴家持の歌でしられる「みちのくの黄金産地」は金華山と思われていたのです。 石巻で一泊した芭蕉は、この地でも一泊し翌日平泉に向かったのである。 おくのほそ道には、「どこまで長いか不安になるような長沼という沼沿いに進み、戸伊摩(登米、とよま)というところで一泊して、平泉に到着した。その間の距離は二十里ちょっとだったと思う。」 という記述しかないのである。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

みやぎの明治村 Ⅰ(宮城県登米市登米)

宮城県北部、岩手県と接する登米(とめ)市登米(とよま)に行ってきました。三陸道(高速道路)が登米市の北まで開通し、仙台からでも1時間弱で行けるようになりました。 登米市は、伊達一門登米伊達藩として、また、明治期まで「川の道」と呼ばれた北上川での船運業で大いに栄えました。 ちなみに、「おくのほそ道」の松尾芭蕉は、この地に一泊しているのです。 

Cimg0137登米高等尋常小学校校舎。明治21に建てられたもで、国指定の重要文化財になっている。 和洋折衷の建物ながら、洋風の雰囲気を強く漂わせている。正面にあるバルコニーが素晴らしい。校舎の中心的な位置にあり、シンボルとなっている。 現在は、教育資料館になっています。

Cimg0145旧水沢県庁記念館(市指定の重要文化財)、これは純粋な和風建築である。 明治4年の廃藩置県により伊達藩は分断され、現在の岩手県南部と宮城県北部が水沢県になり、県庁がここ登米に置かれました。しかし、明治8年で消滅!水沢県は、幻の県となりましたね。(笑)

Cimg0152_4旧登米警察署庁舎(県指定の重要文化財)、明治22年に建てられました。現在は、警察資料館になっています。 洋風木造二階建で、吹き抜けのバルコニーがあり、なかなかオシャレな建物である。明治中期の洋風建築として極めて貴重とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月 7日 (日)

チューンナップ

3シーズンぶりに、愛用のスノーボードをチューンナップにだしました。 滑走面はキズだらけ、エッジはボロボロ状態、よくこんなんで滑っていたなと、我ながら感心しましたね。やれやれです。(笑)  持っていったところは、いつも利用している「スポーツデポ」。 ここは、アルペングループのスポーツ専門店です。 仕上がりまで、長くても2週間くらいかなーと勝手に思い込んで行ったら、なんと1カ月かかると言われました!!冗談じゃない、 シーズンが始まってしまうと思いましたね。 なんでも今年は、急に寒くなったために、例年より早めに板をチューンナップにだすスキーヤーやスノーボーダーが、かなり多くなっているとのこと。 それでも納得できないので、もんく散々言って、ごねたら、なんとか急いで2週間で仕上げてくれるとのこと。ゴネ得ですね。中国と同じかな??(爆)     アルペングループの会員になっていますし、株も少し持ってますからね、けっこう強く言えます。(笑) 会員割引と優待券も持ってたので、ほとんどタダでした。(笑)

Cimg4078愛用のスノーボード。2008年5月、月山にて。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »