« 前九年の役 黄海(きのみ)の戦い | トップページ | 国府 多賀城 Ⅰ »

2010年9月21日 (火)

前九年の役 河崎柵(かわさきのさく)跡

岩手県南部 一関(いちのせき)市川崎町門崎、すぐ近くを北上川が流れている。 河崎柵は、北上川東岸の自然堤防上に立地していて、安倍貞任(あべのさだとう)の義父である金為行(こんのためゆき、気仙地方を治めていた豪族)の柵であった。   源頼義(みなもとのよりよし)・義家(よしいえ、)親子が、兵を率いて出陣したとの報を受けた安倍貞任は、この柵にエミシ軍の精鋭部隊4000騎を結集させたのである。  

Cimg6775河崎柵跡。  この柵跡は2003年に発掘調査されていて、幅4・5メートル、深さ1・2メートルの堀が見つかっている。北上川と、その北東側の山までの間を南北に約60メートルも延びていたという。朝廷軍の進入を遮断するための堀である。川と堀に囲まれた要塞だ。この地には、緊張感が漂っている。

Cimg6776岩手県一関市川崎町、北上大橋を望む。   安倍貞任率いるエミシ軍の精鋭部隊は、河崎の柵で雪が降るのを辛抱強く待っていた。 雪が降り続き吹雪になってきたので、チャンス到来とばかりに出陣したのである。この北上川沿いの道を進軍し、7キロほど南の黄海(きのみ)に陣を敷いていた朝廷軍に総攻撃をしかけたのである。。。。  余談ですが、ここ、一関市川崎町は、江戸時代末期から明治時代にかけ、「川の道」と呼ばれた北上川での船運事業で大いに栄え「東北の横浜」と呼ばれていたとのこと。 ちなみに、神奈川県川崎市の地名の由来は、岩手県一関市の川崎にあるらしいです。この説はかなり信憑性が高いとのこと。


|

« 前九年の役 黄海(きのみ)の戦い | トップページ | 国府 多賀城 Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前九年の役 河崎柵(かわさきのさく)跡:

« 前九年の役 黄海(きのみ)の戦い | トップページ | 国府 多賀城 Ⅰ »