« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月21日 (火)

前九年の役 河崎柵(かわさきのさく)跡

岩手県南部 一関(いちのせき)市川崎町門崎、すぐ近くを北上川が流れている。 河崎柵は、北上川東岸の自然堤防上に立地していて、安倍貞任(あべのさだとう)の義父である金為行(こんのためゆき、気仙地方を治めていた豪族)の柵であった。   源頼義(みなもとのよりよし)・義家(よしいえ、)親子が、兵を率いて出陣したとの報を受けた安倍貞任は、この柵にエミシ軍の精鋭部隊4000騎を結集させたのである。  

Cimg6775河崎柵跡。  この柵跡は2003年に発掘調査されていて、幅4・5メートル、深さ1・2メートルの堀が見つかっている。北上川と、その北東側の山までの間を南北に約60メートルも延びていたという。朝廷軍の進入を遮断するための堀である。川と堀に囲まれた要塞だ。この地には、緊張感が漂っている。

Cimg6776岩手県一関市川崎町、北上大橋を望む。   安倍貞任率いるエミシ軍の精鋭部隊は、河崎の柵で雪が降るのを辛抱強く待っていた。 雪が降り続き吹雪になってきたので、チャンス到来とばかりに出陣したのである。この北上川沿いの道を進軍し、7キロほど南の黄海(きのみ)に陣を敷いていた朝廷軍に総攻撃をしかけたのである。。。。  余談ですが、ここ、一関市川崎町は、江戸時代末期から明治時代にかけ、「川の道」と呼ばれた北上川での船運事業で大いに栄え「東北の横浜」と呼ばれていたとのこと。 ちなみに、神奈川県川崎市の地名の由来は、岩手県一関市の川崎にあるらしいです。この説はかなり信憑性が高いとのこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

前九年の役 黄海(きのみ)の戦い

1057年11月、エミシの豪族 安倍頼時(安倍貞任・宗任の父)が戦死したのを機に一気に安倍氏残党を殲滅しようと、源頼義(みなもとのよりよし)・義家(よしいえ、八幡太郎義家)親子は、約1800の兵を率いて国府多賀城を出陣した。目指すは、現在の岩手県最南部 宮城県と接する 東磐井郡藤沢町黄海(きのみ)。 源頼義は、論功行賞を早く受けようとして焦ったのか、かなり不利な雪の中での戦いになることを承知で出陣したのでした。 迎え撃つのは、安倍貞任(あべのさだとう)率いるエミシ軍の精鋭部隊4000騎!寒い冬の雪の中での戦いにも精通していた。  

Cimg6779「古代東北の英雄たち、黄海(きのみ)の戦い」の説明板。黄海地区の公民館にありました。     両軍は、ここ黄海(きのみ)の原野で激突した。 厳冬の吹雪のなかでの戦い、多勢に無勢、長期遠征による人馬の疲労、食料不足。。。。勝敗はすでに決まっていた。 一塊になって陣を張っていた朝廷軍を安倍氏の精鋭部隊4000騎が包囲し、一斉攻撃を仕掛けたのでした。

Cimg6783黄海川、北上川の支流である。 安倍貞任率いるエミシ軍と源頼義・義家率いる朝廷軍は、この川を挟んで対峙した。     朝廷軍は大敗を喫しました。戦死者は数百人にのぼり、参謀格の有力な武士を多数失う大打撃を受けたのです。 源頼義・義家父子は、わずか7騎になりながらも隙をついて包囲網を逃れ、やっとの思いで国府多賀城にたどり着くことができたのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

仙台平( 福島県田村市滝根町)

阿武隈山地は、花崗岩で形成された山域が多いが、このあたり一帯はカルスト台地(石灰岩台地)が広がっている。ここは、ダイナミックなハングライダーの滑走基地としても有名である。また、国民休養地にも指定されており、キャンプ場や各種の研修施設や宿泊施設も完備している。 

Cimg7057阿武隈山地の最高峰 大滝根山(1193メートル)の西斜面に広がる仙台平(カルスト台地)。大滝根山は、別名 霧島岳と呼ばれており、霧島権現が祀られているという。九州の山岳信仰の象徴が東北の福島に祀られいるというのが、なんか不思議である。(笑)------------------------------------------

Cimg7060仙台平には、ドリーネというカルスト台地特有の地形があります。仙台平ドリーネは長径60メートルもある楕円形で、深さが17メートルもあるという。。。。林の中にあり、あまりにも大きいのでイマイチはっきりとは分からなかったですね。(笑) このドリーネは、国の天然記念物に指定されている。---------------

Cimg7061ドリーネの斜面(たぶん!木、草等が生い茂っているし、巨大過ぎるのでイマイチよく分からない)を降りて行くと、石灰岩の岩がいたる所にゴロゴロしている。たぶんこれがドリーネの底のほうの写真。苔むした石灰岩の岩が重なっていた。この辺りから雨水が流れ込んでいくのであろう。。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

入水鍾乳洞 (福島県田村市滝根町)

あぶくま洞の北側に位置し、ここも仙台平と呼ばれるカルスト台地の地下に展開する鍾乳洞である。    子供の頃読んだ「トム・ソーヤーの冒険」。。。トムとハック、ベッキーの三人が町外れの鍾乳洞に遊びに行き、中で迷ってしまい暗闇のなか飢えと戦いながらも協力しあい必死の脱出を試みる展開。。。。けっこう怖かったですね、ドキドキしながら読んでいました。鍾乳洞なんて入るものではないな!と思っていましたね(笑)。。。ここは、そんな本格的なケイビイグの醍醐味、雰囲気が味わえる鍾乳洞として、マニアックな方には有名である。(笑)

Cimg7066観光洞は、わずか150メートルのみである。あとは、約800メートルの自然のままの鍾乳洞が展開している。手すりも階段もない。照明もほとんどない。ヘッドランプ等を持ってきてない人は、100円でロウソクとマッチ買うことになる。しずくがしたたり落ちる。洞窟内は川が流れている。膝まで水につかりながら進む。カッパ、短パン、ゾウリ、サンダル等のレンタルもある。最奥には、ガイドさんなしでは入れない洞窟もあるのだ!けっこうスリリングである。(笑)

Cimg7068洞窟内にある滝。この鍾乳洞には滝が多い。それだけ水が豊富なのだろう。    真っ暗闇の鍾乳洞内にロウソクを片手に入って行くのは、かなり勇気がいる。怖いのである。(爆) 迷うはずがないのだが、迷ったらどうしよう?とか、閉じ込められたらどうしよう?とか余計なことを考えてしまう。しかし、しばらく進むと暗闇にも慣れてきて怖さが快感に変ってくる。不思議である。(笑) 

Cimg7037白磁を思わせる純白の鍾乳石。   ここには、「胎内くぐり」といって上下の非常に狭い空間を四つんばいになり、胸を川の水に浸しながら進むところが2~3個所あるのです。かなりスリリングである。片手でロウソクを持っているので非常に進みずらい。ヘッドランプは必携だと思いました。ヘッドランプがあったらもっと快適にケイビイグができたのに。。。。(涙)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

あぶくま洞 (福島県田村市滝根町)

福島は、東北でも一番暑い地域、連日35度の猛暑が続く。。。。。てな訳で、最高に涼しく、最高に気分がすがすがしくなる鍾乳洞に行ってきました。(笑)  洞内の気温は一年を通して15度で外界との温度差は、なんと20度もあるのです。入ってしばらくは寒く感じられます。 石灰岩の大地でろ過された、不純物のまったく入ってない銀河のように透明で冷たい水が洞内のあちこちに流れていてる。#水というものは、こんなにも透明になるものなか。。。。

Cimg7045_2昭和44年、石灰岩採掘中に偶然発見されたあぶくま洞は、阿武隈山地(高地)のほぼ中央に位置し「仙台平」とよばれるカルスト台地(石灰岩台地)の地下に展開する鍾乳洞である。 -----------------------------------------------------------------------------

Cimg7034あぶくま洞、最大の見どころ「滝根御殿」。高さ30メートルの大空間が広がり、幻想的かつ不可思議な形の鍾乳石や石筍等を見ることができる。    誰もが見とれている。言葉がでない。洞窟は人間を先史の時代に引き戻すのか。。。。。。-------------------------------------

Cimg7044通称「月の世界」と呼ばれる、コース終盤のみどころである。石柱、石筍、リムストーン等、鍾乳石のオンパレード!主だった鍾乳石のほんんどすべてがここで見られます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »