« 遠野物語 Ⅸ | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 »

2010年8月10日 (火)

月山(山形県鶴岡市羽黒町)

「芭蕉46才、旅に疲れた体にむち打って神の山への登山を敢行。。。」てな訳で、芭蕉も登ったコースでもある、羽黒山登山口から登ってきました。 晴れたり曇ったりと天候もまずまずで、極端に暑くもなく快適なトレッキングができました。 月山8合目登山口(8:15発)→仏生池小屋→月山山頂(10:15着)休憩含む。  

Cimg6863コース中間地点、月山九合目にある仏生池小屋。ここから山頂まで1時間くらいである。  う~む、なんと宗教色の強い小屋なんだ。(笑) 小屋の前には小さな池があり、直ぐそばには小さな祠があった。参拝者がかなり多いのだろう。お賽銭が溢れていた。-------------------------------------------------

Cimg6880山頂手前付近からオモワシの山(1828メートル)を振りかえり見る。初めての登山者は、ここが山頂だと見誤ってガッカリすることになる。このことから「オモワシの山」と呼ばれるようになったという。。。。。-------------------------------------------------------------------------------

Cimg6875月山山頂(1984メートル)を望む。 円錐状の山頂には、天照大神の弟である月読命(つきよみのみこと)を祀る月山神社本宮が建っている。 周りは草原になっていて高山植物の宝庫でもある。----------------------------------------------------------------------------------------

Cimg6877月山山頂(1984メートル)。 山頂は、石垣で囲まれた本宮社殿が建っていて、標高を示す標柱もなにもない。当然この先は、一切撮影禁止である。山頂に本宮があるため、500円を払って「お払い」を受けてから本宮を参拝することになる。(山頂を踏むことになる)  なんと、お金がないと山頂を踏めないのである。(笑) 参拝後にお神酒を一杯ご馳走になる。山頂で飲む酒はなんと旨いことか。。。(爆)

|

« 遠野物語 Ⅸ | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月山(山形県鶴岡市羽黒町):

« 遠野物語 Ⅸ | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 »