« 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 | トップページ | あぶくま洞 (福島県田村市滝根町) »

2010年8月27日 (金)

聖地巡礼(笑) Ⅸ 「小岩井農場」

小岩井農場は、賢治が旧制盛岡中学の遠足で訪れ以来、幾度も足を運んだ 、お気に入りの場所である。ここは、とにかく広い!明治24年、岩手山南麓の広大な原野を開拓し、日本最大級の農場を造ったのです。 創業者の小野義眞、岩崎弥之助(弥太郎の弟・三菱二代目社長)、井上勝の頭文字により「小・岩・井農場」と名づけられました。 賢治の時代から岩崎家の所有となり、現在も三菱グループの株式会社である。。。小岩井農牧株式会社。  この広大な農場には、なんと立派な道路が南北に通っているのです。少し前まで、この道路は「小岩井有料道路」と呼ばれていて、なんと「有料」だったのです。(笑) 

Cimg6982小岩井農場のシンボル、岩手山と一本桜、テレビや映画ですっすり有名になってしまいました。   春と修羅第一集に収められている長編詩「小岩井農場」は、なんとパート九まであるのです。すごいです。たぶん日本一長い詩でしょう!(笑)   現在のJR田沢湖線の小岩井駅を降りて農場を歩いていく様子、目に入る情景が見事に「心象スケッチ」(賢治は詩を心象スケッチとよんだ)されている。 賢治の小岩井農場に対する深い思い入れが伝わってきます。

Cimg7008酪農部にある「四階倉庫」、大正5年に建てられたもので、国登録有形文化財になっている。内部には、当時としては珍しいエレベーターやエスカレーターも設置されていたという。さすが三菱ですね!(爆)  賢治の短編童話「耕耘部(こううんぶ)の時計」にも登場する。


Cimg7010「本部の気取〔きど〕つた建物が桜や ボプラのつちに立ち そのさびしい観測台のうへに ロビンソン風力計の小さな椀や ぐらぐらゆれる風信を わたくしはもう見出さない。。。。」長編詩「小岩井農場パート四」より。 賢治が「本部の気取〔きど〕つた建物」と表現した、小岩井農場本部、明治36年に建てられたもので、これも国登録有形文化財に指定されている。今でもかなりモダンでオシャレですね。なんと、この建物今でも資材管理部の事務所になっていて、現役なのです。 有形文化財なのに、いいのかしら?(笑) カフェとかに改装すれば、賢治ファンがわんさか押しかけるような気がしますが。。。(笑)

Cimg6976上丸牛舎地区の一号牛舎、明治41年に建てられてものだという。残念ながらここには入ることはできなかった。口蹄疫の関係で一切立ち入り禁止になっていた。周辺の道路には、大量の石灰がまかれていました。。。。。。ある現代の詩人は、賢治の長編詩「小岩井農場」を「まるで、賢治がビデオカメラを片手に小岩井農場を散歩しているようだ」と評している。まさに、言い得て妙です。


|

« 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 | トップページ | あぶくま洞 (福島県田村市滝根町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖地巡礼(笑) Ⅸ 「小岩井農場」:

« 聖地巡礼(笑) Ⅷ 「岩手山(2036メートル)」 | トップページ | あぶくま洞 (福島県田村市滝根町) »