« アラハバキ(荒覇吐)神を祀る神社 Ⅰ | トップページ | 映画「ザ・コーヴ」 »

2010年6月27日 (日)

アラハバキ(荒覇吐)神を祀る神社 Ⅱ

我叡登挙(わかえとの)神社(月山神社)。  岩手県奥州市衣川区(旧衣川村)、衣川関や衣川柵の直ぐ近く、月山と呼ばれる小高い山にあります。ここも磐神社と同じ延喜式の神社であり、安倍氏の守護神アラハバキ神を祀っていました。  ちなみに、毎年仙台近郊で行なわれるロックの祭典「アラバキ(荒吐)ロックフェスティバル」は、この「アラハバキ神」から命名されました。

Cimg6761月山山頂にある社殿(拝殿)。 登り口には大きな鳥居と立派な社殿があります。ここから、急な階段等をしばらく登ると奥宮であるこの社殿が現れます。参拝道の途中にも社殿がありました。 やれやれ、社殿が四つもあります!(笑)---------------------------------------------------------------

Cimg6762御神体の奇岩。奥宮である社殿のさらに奥に小さな社殿があり、その前に御神体があったのです!!二重三重に守られている感じですね。ここまで登ってくる人は、ほとんどいないのでしょう。けっこう荒れていました。(涙)---------------------------------------------------------------------------

Cimg6738登り口付近に建つ標柱。 「奇岩を御神体とする荒覇吐神(安倍氏の守護神)を祀る」と書かれてありました。 遥か昔、東北地方の民全体の神だったというアラハバキ神は、坂上田村麻呂の侵攻によって邪教とされ、ことごとく排除されてしまったのです。--------------------------------------------------------

Cimg6767衣川柵付近から月山を望む。山の直ぐ下を東北自動車道が走っている。向かって左側方面に衣川関があります。小さな山ですが、けっこう急な斜面が続き一汗かきます。(笑)

|

« アラハバキ(荒覇吐)神を祀る神社 Ⅰ | トップページ | 映画「ザ・コーヴ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラハバキ(荒覇吐)神を祀る神社 Ⅱ:

« アラハバキ(荒覇吐)神を祀る神社 Ⅰ | トップページ | 映画「ザ・コーヴ」 »