« 箕輪スキー場(福島県猪苗代町) | トップページ | 前九年の役 鳥海柵(とのみのさく)跡 »

2010年4月20日 (火)

夏油高原スキー場(岩手県北上市)

約2年ぶりの夏油高原スキー場でした。 「ゲトー」。。。なんとも聞き慣れない奇妙な地名ですね。(笑) ちなみに、この地名は、アイヌ語の「グットオ」(崖のあるところ)からきているとのこと。 5時間券を買い9時前から13時頃まで、スノーボードオンリーで滑ってきました。 天候は、曇り、ときどき晴れ、無風、気温高めと、春爛漫、汗ばむほどの陽気。 それにしてもすごい積雪量でした。今のこの時期に、なんと平均積雪量2メートル!! さすが、「雪の王国夏油」でしたね。ゴールデンウィークまでは完璧なバーンコンディションで滑れます。 

Cimg6523第一ゴンドラ山頂駅が見えてきた。 このゴンドラ一機で4本のコースをカバーしている。向かって左側が、初中級者向けのA-1コース(全長2120メート)。快適なロングクルージングが楽しめる。 ゴンドラ駅の左側一帯は、キッカー、ボックス、レール、スパインが設置されていてパーク系スノーボーダーの聖地になっている。昼頃になると2、30人のスノーボーダーが集まってきて、賑やかにやっていましたね。(笑)

Cimg6527スキーセンター、曲面でレイアウトされた優美な外観が目を引く。。。ここは、天然温泉(夏油高原温泉)や宿泊施設も完備している。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg6537A-4コース中間付近。25度の急斜面もある中級者向けのバーンである。 荒れてくると雪が鉛のように重くなってくる。足腰に負担がかかる。右足に加重し、ボード先端を浮かせるようにして滑る。微妙な前後左右のバランス感覚。まるでサーファーだ!(爆)-----------------------

Cimg6520入畑ダムから望む夏油高原スキー場。積雪量がすごい。ハイシーズンなみのゲレンデ状態だ。上部エリアのなだらかな斜面の流れ。ベース付近に落ち込む地形。コース幅はけっこう広い。ベースが630メートル、トップが1070メートルと、標高は高くない。しかし、奥羽山脈の真ん中に位置し、最大積雪量4メートルを越える豪雪地帯にある。

|

« 箕輪スキー場(福島県猪苗代町) | トップページ | 前九年の役 鳥海柵(とのみのさく)跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏油高原スキー場(岩手県北上市):

« 箕輪スキー場(福島県猪苗代町) | トップページ | 前九年の役 鳥海柵(とのみのさく)跡 »