« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月24日 (水)

前九年の役 阿久利川(あくとがわ)の事件(陰謀)

宮城県北部、岩手県と接する栗原市志波姫 阿久戸(あくと)の一迫川沿いにあります。鬼切部の戦い以降平静を保っていた安倍氏と朝廷側であったが、 ここで再び対立に発展する重要な「事件」が起こったのである。 1056年、陸奥守(むつのかみ、奥州の国府多賀城の長官)源義家(みなもとのよしいえ)の任期が終わる頃、義家の軍勢が胆沢城から多賀城に帰還する途中、阿久利川(現在の一迫川)河畔で野営をしていた時、部下である藤原光貞(ふじわらのみつさだ)の宿舎が襲われ、多数の兵士と馬が殺害されたという。

Cimg6459_5説明板と標柱。   藤原光貞は、これは安倍頼良(あべのよりよし)の長男である安倍貞任(あべのさだとう)の仕業だと、決めつけて訴えたのであ。なぜなら、貞任が自分の妹に求婚してきたときに「エミシである貞任に妹はやれない」と一喝したことを根にもっていたからだという。---------------

Cimg6467一迫川沿いから撮影。阿久利川は、いまもゆったりと流れていた。。。。この訴えを聞いた、陸奥守源義家は一方的に安倍貞任を差し出すことを命じ、安倍氏がこの命令を拒否したため、両者の間で、また戦いが始まったのである。-----------------------------------------------------

Cimg6471このあたりからの栗駒山の眺めは素晴らしい。栗駒山は栗原市のシンボルだ。   陸奥守源義家の一方的な嫌疑のかけ方と処罰の理不尽さに安倍頼良は、以下のような決意表明をし数万の大軍勢の朝廷軍に戦いを挑んでいったのである。 「人はこの世で妻子を思って生きている。貞任が愚かな子であったとしても親子の情として、ただ黙して誅(ちゅう、罪ある者を殺すこと)に服させることなどできぬ。それなら衣川の関を閉じての源義家の命令を拒否するほうがましだ。軍勢が攻めてきて一族決死の戦になることも悔いぬ。戦いに利もなく私が死ぬようなことになってもかまわぬ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

スプリングバレースキー場(仙台市泉区)

午前中、時間が空いたので速攻で行ってきました。 4時間券を買い、9時から12時までライディングしてきました。積雪は充分、雪質は春特有の重い雪。荒れてくるとかなり滑りづらいですね。 滑っていると、汗ばんでくるほどの陽気。ほとんど春スノーボードでした。(笑)

Cimg6448朝から駐車場がほぼ満車状態!何事か?どうしたんだろう?と思ったら、仙台市の中総体(スキー競技大会)をやっていました。 しばらく見学していましたが、みなさん上手いですね。中学生とは思えない滑りです。ほとんどアルペンレーサーの滑りいでした。(笑)----------------------

Cimg6446スキー場トップから望む。 このスキー場は、かなり重宝してます。ほとんどスポーツジム感覚のスキー場ですね。2~3時間、時間がとれると速攻で行くことができます。こんなに通うのだったらシーズン券でも買っておけば良かったかな?と思う、今日この頃です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月21日 (日)

「日輪と山」。。。宮沢賢治は印象派の画家?(笑)

宮沢賢治は画家でもあった! 賢治は、ゴッホやゴーギャン等の印象派の絵をこよなく愛し、印象派に多大な影響を与えた浮世絵のコレクターでもあったのです。  「浮世絵展覧会印象」という詩も書いています。  ストイックなイメージの強い賢治ですが、花巻農業高校の教師時代には、生徒たちを集めて浮世絵の春画を見せ、その反応見てを楽しんでいたとか。。。けっこうお茶目で砕けた面もあったようです。(笑)

B0099994_21251147「日輪と山」。  賢治が描いた絵としては、けっこう有名です。もろに印象派の絵の影響を受けていますね。やれやれ。(笑) 宗教画風でもあり、賢治の好きだった宇宙(銀河)と大地と山をシュールに表現したようでもあり。。。。やっぱり難解です。(笑)--------

Miyazawas4これも賢治が描いた絵であります。題名は、ついていないようです。星があるので銀河でしょうか?銀河が裂けてますね。三日月風の顔もあります。大地から生えた5本の腕のようなもの?。。。。う~む、シュールですね。(笑)   賢治に影響を与えたとされるダダイスムでしょうか? それともシュールリアリズムか? アバンギャルドで難解でアーティスティック。。。。賢治らしいですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

スプリングバレースキー場(仙台市泉区)

晴れて無風にもかかわらず気温は低め、積雪は充分、雪質はまあまあと、スプリングバレーにしてはグットなバーンコンディションでした。 6時間券を購入し、午前中はスノーボード、午後からはスキーとハイブリットな滑りを楽しんできました。(笑) 
#国母選手、巷では「服装が荒れている!」とか「記者会見での態度が悪い!」とか散々批判されてるが。。。。まあ、そんなに目くじらをたてて、こぞってバッシングするほどのことではないと思うが。。。スノーボードは歴史の浅いスポーツだし、ルーツはサーファーとパンクなんだし。。。(爆)

Cimg64333最奥にあるクレセッントコース。かなり短いが36度の急斜面のコースである。珍しく完璧に雪が付いていた。 このところ、今年は暖冬か??という寒さが続いている。いい感じだ。。。。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------

Cimg64391このクワットリフト一本で、5コースをカバーしている。なんと効率よ良いレイアウトか!。。。典型的な都市近郊型のスキー場です。 ピーク時には、1シーズンになんと、15万人以上のスキーヤー、スノーボーダーが訪れたとか。。。今はどうなんだろう?(笑)------------------------------------

Cimg64402フラットなサンデッキコースには、初心者スノーボーダーのおにいちゃん、おねえちゃんが沢山いました。「早く、上手く滑れるようになればいいのになー」と思いながら見ておりました。スノーフリークが増えれば、スキー場の未来も安泰なんでがねー。。。。(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »