« スプリングバレー スキー場(仙台市泉区) | トップページ | スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »

2010年1月 8日 (金)

映画「アバター」

ジム・キャメロン監督の久々の新作。 舞台は22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで「アバター・プロジェクト」に着手していた。この星の先住民族ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体(アバター)を作ることで、地球人にとっては有毒な大気の問題をクリアして、莫大な利益を生む鉱物を採掘しようとしたいた。。。しかし、この鉱物はナヴィの村・聖地の森の地下にあるのだった。。。アバターになったソルジャー、ジェイクはナヴィの村・聖地を破壊することに疑問を抱き、先住民族ナヴィ側に肩入れして行く展開。。。。ストーリー的には、昔からよくあるパターンで新鮮味がない感じ、「ラストサムライ」なんかとほとんど同じでした。登場するキャラクターやナヴィの聖地の森なんかは、宮崎駿の「もののけ姫」の影響を強く受けていると思いました。特に、ナヴィの村・聖地の森は、「もののけ姫」に登場する「シシの森」のパクリといってもいいです。(笑) あと、超高価な鉱物アンオブタニウムは、「天空の城 ラピュタ」の「飛行石」でしたね。惑星パンドラには、ラピュタのようにアンオブタニウムの力で空中に浮いている「ハレルヤマウンテン」という山々(島々)までが登場する。 宮崎アニメの影響力は世界規模ですね。すごいです。(笑)
91e7a90c850b323230196f0ae436eae8_33Dではなく2Dで観てきました。CGと実写を組み合わせた映像は、前評判以上に美しく、驚異的でした。とくに高度感がすごい!観てて怖くなる感じでしたね。(笑) あと戦闘シーンは、CGとは思えないほど重厚な感じで、迫力満点。グットでした。2Dでも十分。みなさんも劇場で観て下さい。


|

« スプリングバレー スキー場(仙台市泉区) | トップページ | スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アバター」:

« スプリングバレー スキー場(仙台市泉区) | トップページ | スプリングバレースキー場(仙台市泉区) »