« 映画 「THIS IS IT」の女性ギタリスト | トップページ | 駒の湯温泉 栗駒山 Ⅱ »

2009年11月 5日 (木)

駒の湯温泉 栗駒山 Ⅰ

宮城・岩手内陸地震以来、通行禁止になっていた被災地耕英地区(宮城県栗原市栗駒)への道路が期間限定、時間限定で通行できると聞き、早速行ってきました。  馬場駒ゲートで整理券をもらったら11時頃でなんと160番目!!整理券をもらうさい「15時ま戻って来てください」と釘をさされる。(笑) ゲートからは、道が狭い上、トラックやミキサー車、岩手・山形などからきた大型観光バスなども多く、渋滞する場所も多々ありましたね。 #土日はかなり混雑するでしょう。 Ⅱに続く・・・・・

Cimg6230駒の湯温泉の跡地。 地形がすっかり変わっていた。まったく別世界になっている。ほとんど工事現場の更地だ。山も渓流もブナの原生林も・・・以前の景観は、すべてが消えていた。---------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg6240二本の立ち木の左側に温泉旅館はあった。何百年も続いた駒の湯温泉の復活はかなり難しいと思う。(涙)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5093653崩壊する前の駒の湯温泉。 右側に立ち木が見えます。--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg6231向かって右側方向を望む。沢向こうのブナの原生林の山は、半分が崩落してなくなっていた。 山では、山菜やキノコが豊富に採れたという・・・・--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg6232駒の湯温泉跡地にある慰霊碑。 ここでは、6人の方がなくなっている・・・・・・跡地に行くには、営業を再開した「くりこま山荘」に車を駐車して歩いて行くことになる。

|

« 映画 「THIS IS IT」の女性ギタリスト | トップページ | 駒の湯温泉 栗駒山 Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒の湯温泉 栗駒山 Ⅰ:

« 映画 「THIS IS IT」の女性ギタリスト | トップページ | 駒の湯温泉 栗駒山 Ⅱ »