« 栗駒山 Ⅱ | トップページ | 泥湯温泉(秋田県湯沢市) »

2009年9月21日 (月)

前九年の役 鬼切部の戦い(鬼切部城跡)

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首(おにこうべ)高畑。 炎立つ奥州。。。。前九年の役 最初の合戦がこの地で行なわれました。 前九年の役とは、約1000年前、今の岩手県一帯を支配していた俘囚(エミシ)の安倍氏VS大和朝廷軍との戦いです。  1051年、国府多賀城を出発した1000を越える朝廷軍とエミシの豪族安倍頼良(あべのよりよし)の軍勢が、ここ鬼切部(おにきりべ)で激突しました。 安倍頼良の息子である安倍貞任(あべのさだとう)、宗任(むねとう)率いる別働隊は、岩手県平泉近くの衣川の柵を出発し、祭畤(まつるべ)→須川経由で早春の栗駒山を越えて、花山(宮城県栗原市)→荒雄岳と進軍し、荒雄岳の山頂から怒涛のごとく朝廷軍に襲いかかった。。。。。これにより大和朝廷軍は、総崩れとなり安倍氏の大勝利に終ったのでした。。

Cimg6047鬼首(おにこうべ)高畑の高原にある説明板。  安倍貞任、宗任率いる別働隊が栗駒山を越える際、季節はずれの吹雪に見舞われて道を見失ったという。そのとき、白馬に乗ったエミシの英雄アテルイが現れて、鬼切部まで道案内をしたとのこと。。。。本当かなー。。。(笑)
 
Cimg6052鬼切部城址の高原。ススキの原野になっていた。正面には、ミニ谷川岳の禿(かむろ)岳が見える。まさに、奥羽山脈と川、沢に囲まれた天然の要害である。--------------------------------------------------------------------------------

Cimg6056国道108号線にある案内板。 ここから狭い道路をしばらく登ると広々とした標高500メートルの高原にでる。 眺望もよい清々しい高原である。

|

« 栗駒山 Ⅱ | トップページ | 泥湯温泉(秋田県湯沢市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前九年の役 鬼切部の戦い(鬼切部城跡):

« 栗駒山 Ⅱ | トップページ | 泥湯温泉(秋田県湯沢市) »