« 智恵子 記念館 (福島県二本松市) | トップページ | 栗駒山 Ⅰ  »

2009年9月13日 (日)

盛岡散歩

先日、所用で盛岡に行ってきました。ついでに、紺屋町にある自家焙煎コーヒー店「クラムボン」でやっていた知人の小さな写真展を見学して、盛岡でも古い建物が多く残る紺屋町界隈を散策してきました。   ちなみに「クラムボン」とは、宮沢賢治の幻想的な童話「やまなし」に登場する蟹?のことである。

Cimg6005岩手公園にある桜田神社のえぼし岩。 城をつくる際に地面を掘ったらでてきたらしい。すごい岩だ。このあたりは古代から聖地であったのかもしれない。南部藩の「お守り石」としていまでも崇拝されているらしい。。。

Cimg6009「ござ九」、地元とでは、ござくさんと呼ばれているそうです。 名前の通り、ござ製品やわら製品、竹製品等を扱っている。江戸時代末期から明治期にかけての建物がそのまんま残されている。 まるで江戸時代にタイムスリップしたようだ。。。。(笑)

Cimg6018中津川に架かる上の橋の「擬宝珠(ぎぼし)」。江戸時代のものである。橋は何度か架け替えられたが、これだけは今も残っている。国の重要美術品に指定されている。でも、なんか無用心である。こんなご時勢、盗まれたりしないのだろうか。。。?(笑)    浅田次郎の小説「壬生義士伝」には、南部藩出身の主人公新撰組隊士吉村が、京都の二条大橋にたたずみ、盛岡にも「擬宝珠」の付いた立派な橋があると 懐かしむシーンがあるという。。。。

Cimg6021中津川沿いにある軽食喫茶店「ふかくさ」。 一瞬なんなんだかよく分からなかった。(笑) 店全体が緑の蔦と木の緑に覆われていて、どこが入り口なんだかもよく分からない状態。。。。いやはや、びっくり 盛岡では、けこう有名な店らしい。。。。(笑)

|

« 智恵子 記念館 (福島県二本松市) | トップページ | 栗駒山 Ⅰ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡散歩:

« 智恵子 記念館 (福島県二本松市) | トップページ | 栗駒山 Ⅰ  »