« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

泥湯温泉(秋田県湯沢市)

栗駒山登山の帰りに寄って入ってきました。泥湯温泉は、ほんとうの山奥、高松岳(1348メートル)の北東麓、小安岳(1292メートル)の中腹の小さな盆地にあります。その名の通り灰白色に濁った熱い温泉である。20数年前までは、湯治専門の宿が数件あるのみで、秋田最南部の秘境と言われていたとのこと 。。。。開湯1000年以上と、かなり歴史のある温泉です。

Cimg6131日本秘湯を守る会会員の宿「奥山旅館」、ここの温泉に入ってきました。内風呂はかなり狭かったのですが、二つある露天風呂は最高でした。

Cimg0575道路を挟んで向かい側にある広い露天風にも入ることができます。こちらは、広々として、ゆったりできていいですよ。(笑)  入浴料500円、もちろん石鹸、シャンプー付き。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月21日 (月)

前九年の役 鬼切部の戦い(鬼切部城跡)

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首(おにこうべ)高畑。 

炎立つ奥州、前九年の役 最初の合戦がこの地で行なわれました。 前九年の役とは約1000年前、今の岩手県一帯を支配していた俘囚 (エミシ) の安倍氏VS大和朝廷軍との戦いです。  1051年、国府多賀城を出発した1000を越える朝廷軍とエミシの豪族安倍頼良 (あべのよりよし) の軍勢が、ここ鬼切部 (おにきりべ) で激突しました。安倍頼良の息子である安倍貞任 (あべのさだとう) 、宗任 (むねとう) 率いる別働隊は、岩手県平泉近くの衣川の柵を出発し、祭畤 (まつるべ) →須川経由で早春の栗駒山を越えて、花山 (宮城県栗原市) →荒雄岳と進軍し、荒雄岳の山頂から怒涛のごとく朝廷軍に襲いかかった。これにより大和朝廷軍は、総崩れとなり安倍氏の大勝利に終ったのでした。

Cimg6047鬼首 (おにこうべ) 高畑の高原にある説明板。  安倍貞任、宗任率いる別働隊が栗駒山を越える際、季節はずれの吹雪に見舞われて道を見失ったという。そのとき、白馬に乗ったエミシの英雄アテルイが現れて、鬼切部まで道案内をしたとのこと。本当かなー。。(笑)


 
Cimg6052鬼切部城址の高原。ススキの原野になっていた。正面には、ミニ谷川岳の禿 (かむろ) 岳が見える。まさに、奥羽山脈と川、沢に囲まれた天然の要害である。--------------------------------------------------------------------------------

 

Cimg6056国道108号線にある案内板。 ここから狭い道路をしばらく登ると広々とした標高500メートルの高原にでる。 眺望もよい清々しい高原である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

栗駒山 Ⅱ

須川温泉(岩手県一関市)の登山口まで行くのは、さながら温泉地を巡る旅でもあった。(笑)   鳴子温泉(宮城県)→鬼首温泉(宮城県)→秋ノ宮温泉(秋田県)→泥湯温泉(秋田県)→小安温泉(秋田県)→須川温泉(岩手県)。。。。やれやれ!(笑)    須川温泉(9:00発)→昭和湖→栗駒山山頂(10:30着)  山頂(11:00発)→産沼→須川温泉(12:15着) 休憩含む。  昭和湖経由で登り、産沼経由で下る(自然観察コース)周回コースです。 約3時間15分のトレッキングでした。

Cimg6105山頂付近の紅葉。もうすっかり鮮やかに色づいていた。  火山性の地形、雪渓、草原、湿原、池塘、ブナ林。。。栗駒山は、多彩な表情をもった山だ。

Cimg6101山頂付近から宮城県側、御室方面を見る。 夏から秋へのストーリー。。。。色づき始めた紅葉が、稜線からいっ気に駆け抜けていくのだろう。。。。宮城県側の紅葉を正面から見られないのが残念!(涙)

Cimg6089下山時、振り返り山頂を撮影。栗駒山の山容は全体的になだらかだ。心臓破りのタフな急斜面も無いし、岩稜地帯もない。でも、紅葉は東北随一だ。 空はすっかり秋の空、夏には、まず見られない透明な青さだ。。。。。

Cimg6076産沼、小さな沼である。産沼の分岐点にある。少し開けていて絶好の休憩地になっている。 このあたりは、まだ緑が濃い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

栗駒山 Ⅰ 

最高の秋晴れのなか、須川温泉(岩手県一関市)から栗駒山(1630メートル)に登ってきました。  山頂付近は、すでに紅葉が始まっていた。ラッキーだった。この時期に紅葉が見られるなんて。。。 毎年登っているという登山者に聞いたら、今年 の紅葉は10日ぐらい早いとのこと。  宮城、岩手側は通行止めだから、秋田側から入るしかない!!登山口まで行くのが大変です。仙台から3時間以上かかってしまいました。。。やれやれ!(笑)  #Ⅱに続く。。。。

Cimg6127名残ヶ原より望む。 山頂付近が色づいているのがわかる。朝方は寒かったが、汗ばむほどの陽気になってきた。 平日なのに登山者も多かった。60代後半くらいの団体さんも、二グループほど登っていた。皆さん、紅葉が見られて感激していた。

Cimg6122昭和湖 正面を望む。山の崖が崩落していた。地震によるものだろう。 昭和湖でも、なにやら、プレハブの小屋が建ててあって工事中であった。

Cimg6113山頂付近から岩手県側を望む。緑とのコントラストが美しい。夏と秋のコラボレーション。夏から秋への旅立ち。。。。

Cimg6096栗駒山山頂にて。 ごらんの通り、ロープが張ってあって、宮城県側は大崩壊のため立ち入り禁止になっていた。 見たところ、登山道が寸断されているような所は無く、ところどころに石が転がり落ちているだけのようだ。余裕で登られそうなのだが。。。まあ、荒れ放題の中央コースだから、数年くらい立ち入り禁止のままのほうがいいのかもしれない。(笑)    山頂からは、山が消えた国内最大級の地すべり現場が生々しく見えた。あと、イワカガミ平には、車が多数出入りしていた。工事でもしているのだろうか。。。。 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »