« 鳥海山(七高山) Ⅰ | トップページ | 百宅(ももやけ)マタギの里 »

2009年8月22日 (土)

鳥海山(七高山) Ⅱ

江戸時代後期の大噴火で新山(2236メートル)ができるまでは、外輪山の七高山(2230メートル)が最高点であった。 鳥海山の山名の由来については、山麓一帯が「鳥海弥三郎宗任(安倍宗任)」の領地だったからという説が有力である。   仙台(4:00発)~百宅登山口(8:00発)→唐獅子平(10:00着)→七高山(11:10着)  七高山(11:40発)→唐獅子平→百宅登山口(14:10着) 休憩含む。 約6時間10分のトレッキングでした。

Cimg5979唐獅子平から山頂(外輪山)を望む。ここは八合目になっていて避難小屋がある。唐獅子石もドーンとある。なかなか存在感がある。遠くから見ると唐獅子というよりは、ネコにそっくりでしたね。(笑)  ハイマツの緑に沿って高山植物の群落も多い。----------------------------------------

Cimg5956九合目の霧ヶ平にあるS字雪渓。全長1000メートルはあろうかという大きな雪渓だ。余裕でスキーやスノーボードができそうだ。(笑)---------------------------------------------------------------------------------------------- 

Cimg5932_2七高山(2230メートル)山頂。 山頂は、ガスがかかり風もでてきて、かなり寒かった。360度の大展望は、まったくダメでした。ときおりガスの切れ目から日本海方面がちらりと見えた。(笑) --------------------------------------------------------------------------------------

Cimg5937七高山山頂から新山を望む。ガスの晴れ間から姿を現した新山。岩石累々たる巨大なドームだ。ここから新山へは、いったん内壁の底に下り、岩場をひと登りすると着く。時間にして20分~30分くらいである。


|

« 鳥海山(七高山) Ⅰ | トップページ | 百宅(ももやけ)マタギの里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山(七高山) Ⅱ:

« 鳥海山(七高山) Ⅰ | トップページ | 百宅(ももやけ)マタギの里 »