« 旧奥州街道を歩く Ⅰ | トップページ | 東北大学 片平キャンパス Ⅰ »

2009年6月20日 (土)

旧奥州街道を歩く Ⅱ

日本の国策に愛想を尽かした人々が「吉里吉里国」として独立する、井上ひさしの長編小説「「吉里吉里人」の舞台は、なんと、宮城県栗原市北部のこのあたりなのである!!  『。。。。。ある六月上旬の早朝、上野発青森行急行「十和田3号」を一ノ関近くの赤壁で緊急停車させた男たちがいた。「あんだ旅券ば持って居が」 。。。』 吉里吉里人より   この「一ノ関近くの赤壁」とは有壁(ありかべ)のことですね。間違いなし!!(笑)

Cimg5707緩い登りが続く。心地よい涼しさだ。森林浴にはもってこいの道だ。(笑)

Cimg5712緩い下りになる。道も少し広くなる。この先で、田んぼなどのある少し開けたところに出る。

Cimg5713壊れた案内板があった。「市乃関」?? なんか字が違ってるような気が。。。。(笑)

Cimg5715開けたところから、道は、また森の中へと続いていた。小さな峠を越えると道は下り坂となる。 このあたりは、もう一関市だろう。 江戸時代には「鬼死骸村」とよばれていたところである。ここも、横溝正史的な村名ですね!!(爆) 今も地名として残っている。

|

« 旧奥州街道を歩く Ⅰ | トップページ | 東北大学 片平キャンパス Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧奥州街道を歩く Ⅱ:

« 旧奥州街道を歩く Ⅰ | トップページ | 東北大学 片平キャンパス Ⅰ »