« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

シンガーソングライター 宮沢賢治(笑)

宮沢賢治が作詞作曲した歌は、現在、「星めぐりの歌」、「イギリス海岸の歌」等8曲が残されている。他に、既存の曲(賛美歌やクラッシック音楽等)に賢治が詞をつけたものが13曲残されているという。 賢治のヴォーカルについては、あまり伝えられていないが、羅須地人協会のコンサートでは、オルガンを弾きながら歌ってたんじゃないかな??(笑)  また、教員時代には、たまに、生徒たちと一緒に歌ってたというから、けっこう上手かったんじゃないかな?(笑)   賢治の作った歌で、かなり有名なのが「星めぐりの歌」でしょう。 いろんな人が歌っているし、プラネタリウムで上映される映画「銀河鉄道の夜」の挿入歌としても使われている。  #賢治 作詞作曲の「星めぐりの歌」はこちら  ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

国宝 阿修羅展

新宿で所用があったので上京。帰りに上野の国立博物館に寄って見てきました。 平日の午後なのにすごい人。ビックリです。 連日の大盛況で、追加販売した公式グッヅ「阿修羅フィギュア」 15000個(合計30000個)は、あっという間に売り切れてしまい、もう追加販売はないとのこと。。。やれやれ! 欲しかったのに!(爆) #阿修羅、修羅、修羅場、春と修羅、修羅の渚、修羅の門。。。。。阿修羅は戦いの神様、修羅の世界は弱肉強食の世界。

Cimg5546阿修羅像、戦いの神様というよりは、限りなく人間に近い顔立ち。「憂いを含んだ美少年」という感じ。まさに「永遠の美少年像」だ。素晴らしい「彫刻」だ。画期的な仏像だ。こんな表情を1300年も前に造りだすなんて。。。。斬新すぎる、アバンギャルドすぎる。(笑) 

Cimg5544新宿からだと最寄の駅はJR山手線の鶯谷駅だ。ここから徒歩10分弱で着く。 鶯谷なんて地名はないのに。。。変な駅名だ。(爆)   奈良の興福寺は、何度も火災で焼失しているのに阿修羅像は奇跡的に焼失を免れている。なぜか? それは、小さくて、体重が軽かったからだそうだ。身長153センチ、体重15キロ! 大人一人で、あっいう間に運び出せたらしい。。。。なるほど!(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

「セロ弾きのゴーシュ」

科学者 宮沢賢治が書いた童話が「グスコーブドリの伝記」なら、「セロ弾きのゴーシュ」は、音楽家 宮沢賢治が書いた童話だと思う。 賢治はオルガンを弾きこなし、セロ(チェロ)も弾き、作詞作曲もし、クラッシック音楽を主としたレコードコレクターでもあった。 「セロ弾きのゴーシュ」には、ベートーベンの「交響曲第六番 田園」やシューマンの「トロ(イ)メライ」等、実際の曲や架空の曲まで登場する。    『「先生、そうお怒りになっちゃ、おからだにさわります。それよりシューマンのトロメライをひいてごらんなさい。きいてあげますから。」「なまいきなことを云うな。ねこのくせに。」。。。。。「トロメライ、ロマンチックシューマン作曲。」猫は口を拭いて済まして云いました。』    なんと、賢治は、クラッシック以外にも「ジャズ」のレコードも持っていたらしい.・・・・・「ではね、『愉快な馬車屋』を弾いてください。」 「なんだ『愉快な馬車屋』ってジャズか?」 「ああこの譜(面)だよ。」狸の子はせなかからまた一枚の譜(面)をとり出しました。」・・・・・・・・#シューマンの「 トロイメライ」はこちら。(笑) 

Img553561531_4なんと、賢治は、80年も前に、音楽による医療効果、癒し効果を知っていたのである!なんというアバンギャルドな感性か!(笑)   野ねずみの親子が、病気を治して欲しいといって、水車小屋に住むゴーシュのところにやってくるのである。  『「先生、この児があんばいがわるくて死にそうでございますが先生お慈悲になおしてやってくださいまし。」。。。。「先生、それはうそでございます、先生は毎日あんなに上手にみんなの病気をなおしておいでになるではありませんか。」。。。。「だって先生先生のおかげで、兎さんのおばあさんもなおりましたし狸さんのお父さんもなおりましたしあんな意地悪のみみずくまでなおしていただいたのにこの子ばかりお助けをいただけないとはあんまり情ないことでございます。」。。。。「何だと、ぼくがセロを弾けばみみずくや兎の病気がなおると。どういうわけだ。それは。」。。「はい、ここらのものは病気になるとみんな先生のおうちの床下にはいって療すのでございます。」』

Cimg5542_2賢治愛用のセロ(チェロ)。 妹トシ愛用のバイオリン(右下)。 左が側が「セロ弾きのゴーシュ」の原稿。  賢治は、セロ(チェロ)の上達を熱望し、上京してプロの先生に就いて特訓を受けている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

山形県米沢市「天地人展」

NHKの大河ドラマ「天地人」、好調な視聴率で人気である。 主人公、直江兼続ゆかりの新潟県上越市や長岡市等は「天地人」ブームで盛り上がってるらしい。。。。(笑) ここ、米沢市も「天地人」ブームで沸いている。桜祭りももうすぐだ。。。。。

Cimg55365米沢城址公園の桜。 城を囲むお堀の周りには、約200本の桜が植えられていている。仙台では満開(散りはじめている)だというのに、ここでは、まだ3分咲きだった。。。。

Cimg55342丸の内にある上杉博物館。上杉家ゆかりの数千点の品々が展示されている。 「天地人展」では、大河ドラマで使われた衣装等も展示されている。 

Cimg55283上杉謙信を祀っている上杉神社。米沢城址公園内にある。 上杉謙信に「義」の精神を学び、自らは「愛」を掲げて生きた直江兼続。兼続にとって「愛」とは「仁愛」、「民への愛」だったいう。。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

山形県米沢市天元台スキー場

約1ヶ月半ぶりのスノーボードだった!! 薄曇で、無風、暖かく、雪積も充分で、最高のライディングができましたね。 8時半過ぎから13時過ぎまで滑ってきました。 スキーヤー、スノーボーダー合わせて20人くらい。ほとんどプライベートゲレンデ状態。なんとスノーボーダーは、私を含めてたったの5人でしたね。やれれ!(笑)  帰りには、米沢市の上杉博物館に寄り「天地人展」を見て、米沢城址公園(松が崎公園)で花見をしてきました。。。。

Cimg55091つがもりゲレンデトップ(標高1820メートル)から望む。けっこう寒い。積雪も充分過ぎる。久しぶりのライディング。いきなり32度の急斜面だ、少し緊張しながら慎重に滑る。ワンターン、ワンターンを確実に決めながら。。。。急斜面を過ぎれば、爽快な中斜面になる。滑っているのは一人だけ。さえぎるものは何も無い。快適にスピードに乗る。聞こえるのは風切り音だけ。雑念が消えた。。。。。

Cimg55114つがもりゲレンデトップ(標高1820メートル)にある案内板。 ここからは、標高差500メートル、全長3000メートルのダウンヒルが楽しめる。。。。。いきなりノンストップで滑った。足腰がガタガタになり、息が上がる!日ごろの運動不足の影響か。。。やれやれ!(爆)  

Cimg55153ベースのしらかばロマンリフト。後方にはテニスコートが見える。ゴールデンウィークには、午前中はスキー、スノーボードで、午後はテニス なんて、しゃれたことができそうですね。。。(笑)

Cimg55072中間のしゃくなげロマンリフト。後方に見えるのが、無料休憩所のホワイト。 リフト係りのおじさんも暇そうでした。ゴールデンウィークには大混雑するというのにねー。。。。(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

銀河鉄道の夜。。。。プラネタリウム番組

観に行こう、行こう、と思いつつ、まだ行ってないんですねー。。。。 まあ、予告編だけでも観て下さい。(笑)
-------------------------------------------------------------------
80年も前に宮沢賢治が書き留めておいた未完の作「銀河鉄道の夜」を、アーティストKAGAYAが、プラネタリウムのドームいっぱいに、幻想的な風景を広げそして展開し、見事に実現してみせた。一度この列車に乗り込むと、いつの間にか次々と展開する天空銀河の中を自分も一緒に走っているのだという不思議な気持ちになる。ビジュル化困難といわれた「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し鮮明に再現。ドームいっぱい360°に広がる銀河のパノラマ風景。それはまさに天空の汽車に乗車したかのような夢の体験となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »