« 仙台市泉区泉ヶ岳スキー場 | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅱ 「宮沢賢治記念館」 »

2009年3月10日 (火)

聖地巡礼(笑) Ⅰ 「羅須地人協会・賢治の家」

#岩手県花巻市は、風がありましたが、晴れたり曇ったりと暖かでした。。。。。 「羅須地人協会・賢治の家」。現在は、花巻農業高校の敷地内に移築されている。 農学校を依願退職した賢治は、羅須地人協会を設立して、ここで、若い農民たちを集め、自ら書いた散文詩的な論文「農民芸術概論綱要」の実践を試みるのである!! でも、「金持ちお坊ちゃんの道楽だべ!すぐにダメになるべ!」と陰口を言う輩も多かったとか。。。やれやれ!

Cimg54311有名なポーズの賢治の像。 この像の元となった、あの有名な賢治の写真は、ベートーベンの服装とポーズを真似したものだそうです。自ら写真屋を呼んで撮らせたとこのと。ベートーベンが大好きだった賢治は、有り金をはたいてレコードを買い集めたとか。なんと、ハイカラでハイセンスなことか。。。(笑) 

Cimg54344学校の管理人さんから鍵を借りれば、内部を見学できるとのこと。しかし、残念なことに、ちょうど春休み中で内部は見学できませんでした。 でも、窓ガラスが多いので、しっかりと内部を見ることができましたね。#ここで、 昭和の初期の農村で、「音楽会」「レコード鑑賞」「エスペラント語の講義」等を行ったなんて!!あまりにも、アバンギャルドでハイセンスすぎるなー。。。。(笑)

Cimg54352おそらく、日本で一番有名な「伝言板・掲示板」でしよう!(笑) 玄関脇にあります。けっこう大きい。 農耕自給生活を始めて多忙になった賢治が留守のとき、行く先をこの伝言板に書き込んだという。 

Cimg54333県立花巻農業高校にあるプレート。 賢治の論文「農民芸術概論綱要」のラスト、「結論」の部分からの抜粋。 「……われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である……われらの前途は輝きながら嶮峻である  嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる  詩人は苦痛をも享楽する  永久の未完成これ完成である  理解を了へばわれらは斯る論をも棄つる  畢竟ここには宮沢賢治一九二六年のその考があるのみである」 銀河を包む透明な意志 か!?  詩人は苦痛をも享楽する か!? 永久の未完成これ完成である か!? う~む、奥の深い言葉だ。 透明な爽快なら実感できるが。。。(爆)  


|

« 仙台市泉区泉ヶ岳スキー場 | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅱ 「宮沢賢治記念館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖地巡礼(笑) Ⅰ 「羅須地人協会・賢治の家」:

« 仙台市泉区泉ヶ岳スキー場 | トップページ | 聖地巡礼(笑) Ⅱ 「宮沢賢治記念館」 »