« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

仙台市泉区スプリングバレースキー場

本日、仙台市泉区のスプリングバレースキー場に行ってきました。 朝、家を出るときから雪が降り続き、スキー場は吹雪状態でした。それでも、4時間券を買い12:30分まで滑ってきました。 まったく、今シーズンは、やれやれ状態ですね。(笑)  

Cimg53591絶え間なく雪が降り続いている。ガスもかかっている。ナイター証明もつきっぱなしだ。スキー場にとっては、恵みの雪となるだろう。

Cimg53552中央のクリッパークワットリフトにて。上に行くほど寒くなる。2~3本滑ると、声も出なくなる。気力も無くなってくる。。。。。

Cimg53603サンデッキペアリストにて。 久しぶりに初心者コースを滑ってみる。初心者スノーボーダーがいっぱいいて、かなり滑りずらい。まいったなー。。。。。。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

宮城蔵王えぼしスキー場

今日 行ってきました。コンディションは、最悪でしたね。(ノ_-。) ディープなガスがかかり、まったく前が見えない状態。バーン上部はバリバリのアイスバーン、下の方は湿り雪状態。。。。それでも、10時30分頃になるとガスがとれてきました。結局、9時から11時30分過ぎまで滑ってきました。やけれやれ(^-^;

Cimg53501石子ゲレンデにて。距離500メートルとかなり短いが、幅が100メートルとかなりあるので、いい感じで滑れる。 やっとガスがとれてきた!! コースが見えるって、やっぱいいなー。。。(笑)

Cimg53492スノーボードの初心者グループもかなり来ていた。いっぱい練習して上手くなってほしい。 この金融危機不況のなか、ウインタースポーツ界は安泰だーー!!(笑)

Cimg53353約8ヶ月振りのスノーボード。 右足の感覚がなんか変で、最初の滑りはぎこちなかった。それでも3本目くらいになるとスムーズに、爽快に滑れるようになった。集中力が増し、ターンのたびに雑念が消えていった。。。。。。。

Cimg53534えぼしスキー場のゴンドラハウス。2階はレストランになっています。 昔は、「クジラのステーキ定食」や「鹿肉のステーキ定食」なんてのがありましたが。。。今はどうなんでしょうね? 下の「高原ゲレンデ」「ファミリーコース」等は雪がありませんでした。(涙) えぼしスキー場は、標高1300メートル~1000メートルにある上部ゲレンデと 標高700メートル~650メートルにある下部ゲレンデに分かれている。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

遠野物語 Ⅶ

「昔ある処に貧しき百姓あり。妻はなくて美しき娘あり。また一匹の馬を養う。娘この馬を愛して夜になれば厩舎(うまや)に行きて寝(い)ね、ついに馬と夫婦になれり。ある夜父はこの事を知りて、馬を連れ出して桑の木に吊り下げて殺したり。 (中略) 死したる馬の首に縋(すが)り て泣きいたりしを、父はこれを憎みて斧を持って後ろより馬の首を切り落とせしに、たちまち娘はその首に乗りたるまま天に昇り去れり。オシラサマというのはこのとき成りたる神なり。」 遠野物語69話より  北東北の広域にわたって、古くから人々に浸透している信仰に「オシラサマ」がある。

Cimg51412遠野の伝承園にあるオシラサマ。 オシラサマは、30センチくらいの桑の木でできた神様であり、本来馬型と人型で1対とされる。う~む、人馬1体か?(笑)  毎年「オセンダク」と呼ばれる布を着せられるという。----------------------------------------------------------------------------

Cimg51391伝承園のオシラ堂。 北東北各地のオシラサマが集められて展示してある。その数約1000体!!なんか異次元の空間にいるようだ。圧倒される。 オシラサマ、オクナイサマは、馬の神様、蚕の神様、農業の神様と言われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

遠野物語 Ⅵ

『「山口の水車小屋」、 数多くの物語を伝えてきた山口の部落(集落)は、ぶんだ峠、界木峠の入り口にある坂の多い村でした。曲り屋を囲んで、アワ、ヒエ、豆畑が広がり、これらの脱穀や製粉のため水車は昼も夜も、ゴトゴトと音をたて粉塵を吹き上げ、静かな風景の中で力強い鼓動を響かせていました。』  佐々木喜善の生家の近く、水しぶきをあげて回る山口の水車小屋があります。

Cimg51471「山口村は、六角牛山(ろっこうしやま、1294メートル)に登る山口(登山口)なれば村の名となれるなり。」 遠野物語5話より。 NHK朝ドラの「どんど晴れ」にも登場したところで、日本の原風景が広がっている。心が浄化される場所である。---------------------------------------------------------

Cimg51502水車の取水口。 山口の水車小屋は、「遠野物語(あんべ光俊/飛行船)」のレコードジャケットの写真にも使われた。今でも、水しぶきをあげて回っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »