« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

遠野物語 Ⅴ

「小鳥瀬川(こがらせがわ)の姥子淵(おばこふち)の辺りに、新谷の家という家あり。ある日淵へ馬を馬を冷やしに行き、馬曳きの子は外に遊びに行きし間に、河童出でてその馬を引き込まんとし、かえりて馬に引きずられて厩(うまや)の前にきたり、馬槽(うまふね)に覆われてありき。。。」 遠野物語58話より

Cimg51190名勝?カッパ淵。伝承園の近く、カッパ寺として有名?な常堅寺の裏手にある。-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg51241_2有名なカッパ淵。 こんな小川にカッパが住んでいたのだろうか。。。。(爆) 遠野のカッパは、赤い顔をしていたという。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg51202常堅寺の狛犬。頭がカッパのように皿になっている! 「遠野の川には河童多く住めり。松崎村の川端の家にて、二代続けて河童の子を孕みたる者あり。生まれし子は切り刻みて、一升樽に入れ、土中に埋めたり。」 遠野物語55話より  なんと、恐ろしい話であろうか。。。。。(笑)----------------------

Cimg51324常堅寺。 昔、この寺が火事になったときに、近くに住んでいたカッパが現れて、頭の皿から勢いよく水をだして消火したとか。。。それ以来、カッパ寺と呼ばれるようになり、カッパの狛犬も作られたとのこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

遠野物語 Ⅳ

「土淵村に、ダンノハナという地名あり。その近傍にこれと相対して必ず蓮台野(デンデラ野)という地あり。60を越えたる老人はすべて、この蓮台野(デンデラ野)に追い遣るの習いありき。老人は、いたずらに死んでしまうこともならぬゆえに、日中は里へ下り農作しては口を糊(ぬら)したり。」 遠野物語111話より  ダンノハナとは、墓地のある丘の端という意味である。昔は、囚人の処刑場であったとのこと。。。。。

Cimg51441土淵村のデンデラ野。  蓮台に乗って死者が通る場所とのこと。ここは、村境の小高い丘で、眺めが良い。 かつては老人を捨てた場所であったらしい。。。っていうか、老人たちが集団で生活する場所かな??---------------------------------------------------------------------------------

Cimg51452デンデラ野に建つ藁小屋。 写真のような粗末な藁小屋を作って、死ぬまで生活していたらしい。。。。「山口、土淵辺りにては、朝に野良に出るを ハカダチといい、夕方、野良より帰ることをハカアガリというといえり。」 遠野物語111話より  やれやれ、いまより、なんと、生と死が間近にあったことか。。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

遠野物語 Ⅲ

「始めて早池峰に山路(やまみち)をつけたるは、附馬牛村(つくもうしむら)の何某という猟師にて、時は遠野の南部家入部の後のことなり。そのころまでは土地の者一人としてこの山には入る者なかりしと。」 遠野物語28話より  北上山地の最高峰早池峰山(1917メートル)は、修験道の山で一般人は登ることがてきなかったのである。

Cimg51331早池峰古参道跡。 有名なカッパ淵の近く、国道340号線沿いにある。ここは、昔の早池峰山登拝道の入口である。斜めになり、朽ち果てた鳥居と「早池峰大社」と刻まれた石碑が残されていた。鳥居の向こう側は畑になっていて、おじさんが畑仕事をしていた。。。。(笑)-----------------------------

Cimg51342鳥居ちかくの伝承園にある「佐々木喜善記念館」。遠野物語の元となった民話は佐々木喜善が集めたものである。遠野物語は、柳田と佐々木のコラボによって生まれた。 故郷の土淵村に戻り村長にもなったが、仙台に移住し不遇のうちに 48年の生涯を閉じたとのこと。 柳田は「この話はすべて遠野の佐々木鏡石(喜善)君より聞きたり。」と遠野物語の序文に記している。

| | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

鳥海山 Ⅲ

鳥海山山頂は、巨岩の積み重ねで植物の生える環境ではない。山頂にはいくつかの岩峰があり、最高点には祠がある。山頂は360度の大パノラマで、遥か遠くには、能登半島や宮城県の松島まで見られるらしい。。。。#この日は、佐渡や岩手山等は見られたけど、能登半島や宮城県の松島までは確認できなかったなー。。。。(笑)

Cimg52591山頂(2236メートル)から秋田方面を望む。 風力発電の巨大なプロペラや日本海のかなたには男鹿半島(本山)が見える。あまりの絶景に声も出ない。。。。。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg52623山頂から望む日本海。飛島が見える。飛島には、小物忌神社があるという。。。。。白い点に見えるのはフェリーである。--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg52824_2栗駒山を望む。 神室連峰のかなたに、なだらかな稜線を広げていた。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg52719現代の修験者、行者か?  鳥海山山頂の大物忌神社奥宮で祈りを捧げていた。割り箸くらいの薪を井桁に組み護摩?を焚いて、気合を入れて祈っていた。一緒に祈らせてもらった。椿の葉の付いた枝のようなものをくべると1メートルくらい火柱が上がった。その瞬間に願をかけると、願い事がかなうらしい。。。。本当かなー。。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

鳥海山 Ⅱ

仙台(早朝3:45発)→登山口(6:45着) 登山口の駐車場( 7:00発)→滝ノ小屋→河原宿小屋(7:50着)→アザミ坂→伏拝岳(9:50着)→行者岳→鳥海山山頂(11:15着) 休憩含む。 登り約4時間15分でした。 #最上川沿いは、濃い霧に覆われていたのに。。。。こんなに晴れるとは思わなかったなー。。。。#Ⅲに続く。。。。

Cimg52205外輪山の伏拝岳山頂、千蛇谷の向こうに新山が見える。 外輪山の稜線を目指しての直登である。厳しい登りだ。40分ほどで外輪山の一角、伏拝岳山頂に着く。--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg522311伏拝岳山付近から望む千蛇谷と日本海。外輪山に達すると荒々し火口内の眺めが開け、眼下には千蛇谷の雪渓が見える。素晴らしい眺望だ!!-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg52396外輪山のピークの一つ行者岳(2159メートル)から伏拝岳を望む。外輪山の内側は、激しく切れ落ちている絶壁である。下をのぞいて見ると足がすくむ。高所恐怖症の人は絶対にのぞかないように!!(爆)--------------------------------------------------------------------------

Cimg52407行者岳付近から鳥海山山頂(新山)望む。ここから、岩場にかかる鉄梯子を伝って内壁を下りる。崖に付けられた細い道を下り、一旦谷底に下りてから 岩場に付けられた石段を登ると大物忌神社に着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »