« 地蔵岳(飯豊連峰) | トップページ | い~はと~ぶアベニュー材木町 »

2008年7月 5日 (土)

平泉を歩くⅣ

#さて、平泉!逆転なるか?? まあ、ダメでも平泉の価値そのものは変わる訳ではないのですが。。。。 「三代の栄耀(えよう)一睡の内にして、大門の跡は一理のこなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏(きんけい)山のみ形を残す。。。。。。」 松尾芭蕉「おくのほそ道」より

Cimg42741_2金鶏(きんけい)山登山口。金鶏(きんけい)山は、標高約100メートルで秀衡が造った人口の山との説がある。なるほど、よく見ると綺麗なピラミッド型をしている。ちなみに、秀衡がこの山を造営するときに、雌雄の黄金の鶏を埋めたとの伝説が残っている。しかし、いまだに、この黄金の鶏は発見されていない!(爆)

Cimg42762_2金鶏山の登口付近には、義経が自害する際に死んだとされる、彼の妻「北の方」と娘の墓があります。けっこうな急斜面を登りきった山頂には鳥居と祠があります。

Cimg42873_2平泉を歩く際には、この観光案内を参考にして下さい。(笑) ちなみに芭蕉は、金鶏山に立ち寄ることなく、平泉を後にし一関から岩出山方面に向かったのでした。。。。

|

« 地蔵岳(飯豊連峰) | トップページ | い~はと~ぶアベニュー材木町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平泉を歩くⅣ:

« 地蔵岳(飯豊連峰) | トップページ | い~はと~ぶアベニュー材木町 »