« 平泉を歩くⅣ | トップページ | 飯豊本山 Ⅰ »

2008年7月13日 (日)

い~はと~ぶアベニュー材木町

#先日、所用で盛岡に行ってきました。。。。。岩手県盛岡市駅前の開運橋を渡り北上川沿を遡るように向かと、江戸時代から明治にかけて水運業で栄えた町「材木町」があります。ちょうど、旭橋と夕顔瀬橋に挟まれた通りである。

Cimg45641やさしい面持ちの賢治の像。い~はと~ぶアベニューは、宮沢賢治の通りでもある。宮沢賢治縁のオブジェが多数あります。----------------------------------------------------------------------------------------

Cimg45472「注文の多い料理店」の出版元として知られる「光原社」、命名したのは宮沢賢治。 盛岡高等農林学校の賢治の後輩であった及川氏が創業者である。農薬等の製造販売で財を成した及川氏は、賢治の膨大な未発表原稿を見て、売れる見込みなどほとんど無い童話の出版に、自ら資金を提供して踏み切ったのであった。

Cimg45603光原社は、漆器等の工芸品を扱う店と喫茶店「可否館」を営んでいる。「可否館」向い側には、宮沢賢治関連の展示室があります。。。。。確たる販路もなくやっつけで出版された賢治の童話集「注文の多い料理店」は、当然のことながら「極端に注文の少ない料理店」になったのでした。。。。(爆)

|

« 平泉を歩くⅣ | トップページ | 飯豊本山 Ⅰ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: い~はと~ぶアベニュー材木町:

« 平泉を歩くⅣ | トップページ | 飯豊本山 Ⅰ »