« 平泉を歩くⅡ | トップページ | 地蔵岳(飯豊連峰) »

2008年6月25日 (水)

平泉を歩くⅢ

「まづ、高館(たかだち)に登れば、北上川、南部より流るる大河なり。。。。。さても、義臣すぐってこの城に篭り、功名の一時の叢(くさむら)となる。 国破れて山河あり、城春にして草青みたり と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落としはべりぬ。 夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」 松尾芭蕉 「おくのほそ道」より

Cimg42711_2高館の義経堂。頼朝を恐れた泰衡は義経を襲撃した。義経は高館に篭って応戦したが自害に追い込まれてしまったのだった。義経享年31才! 芭蕉は、杜甫の詩を口ずさみながら、笠を敷いて腰を下ろし時のたつまで、義経を思って涙を流したのであった。。。#やっぱり、ここは、おくのほそ道の中でも屈指のクライマックスシーンだろーなー。。。

Cimg42592_2「おくのほそ道」の中で最も有名な句で、最高傑作といわれる「夏草や。。。」の句は、ここで詠まれたものである。 ある人の説によると、「兵ども」とは義経主従と平泉の奥州騎馬軍団のことであり、「夢の跡」とは、義経が抱いていたであろう奥州騎馬軍団を率いての頼朝への反撃と新しい国づくり のことだという。。。。

Cimg42613_2高館から見る北上川。まさに、南部藩領から伊達藩領に流れる大河である。ここからの、北上川、束稲(たばしね)山の眺望は素晴らしい。ここに佇んでいると、なぜか義経北行伝説が単なる伝説ではないと思えてくるから不思議だ!(笑)

Cimg42424_2JR東北本線平泉駅。芭蕉は、平泉駅の前の道(中尊寺通り)を通り、無量光院跡を見て、高館に向かった。平泉駅からゆっくり歩いても、柳之御所経由で約30分くらいで高館に着く。

|

« 平泉を歩くⅡ | トップページ | 地蔵岳(飯豊連峰) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平泉を歩くⅢ:

« 平泉を歩くⅡ | トップページ | 地蔵岳(飯豊連峰) »