« 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅡ | トップページ | 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅢ »

2008年6月15日 (日)

岩手・宮城内陸地震

「NHK東京報道部」記者のNさんからメールがきました。先々週、一関市の須川温泉から登った時に撮影した御室下の大雪渓の写真(ブログに載せていた写真)を放送で使わせてほしい とのことでした。 メールによると、東栗駒山で発生した大規模な土石流に注目しているとこと。最近の地球温暖化で、栗駒山の雪解けが急速に進んだことが原因の一つではないかということです。地震の前に、栗駒山の雪(雪渓)がどれくらい残っていたか見たかったとのこと。。。もちろん、すぐにOKのメールをおくりましたが。。。。その写真がこれです。

もう一件、テレビ朝日の「ワイド! スクランブル」担当者のHさんからもメールがきました。去年の5月に撮影した「駒の湯温泉」の写真(ブログに載せていた写真)をお借りできないか? ということでした。最新の写真と、今回の映像を比べることで、建物の破損状況が明らかになり、原因や土砂崩れの状況等が分かってくると思う、とのことでした。こちらもすぐにOKのメールをだしました。この「駒の湯温泉」は、私が初めて栗駒山に登ったときに「宿泊」した温泉でした。日帰りでも数回入ったことがあります。あの映像を見て、非常にショックを受けています。 #ブナの原生林に囲まれた、清楚な渓流沿いにあった「駒の湯温泉」です。

Cimg41701_4

Cimg31322

|

« 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅡ | トップページ | 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅢ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・宮城内陸地震:

« 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅡ | トップページ | 大朝日岳登山古寺鉱泉コースⅢ »