« 不来方(こずかた) | トップページ | 栗駒山~岩手県一関市須川登山口 Ⅱ »

2008年5月26日 (月)

栗駒山~岩手県一関市須川登山口 Ⅰ

20年振りくらいに須川口から登ってきました。 このコース、5月のこの時期に登ったのは初めてで、想像してた以上の雪渓の大きさにビックリ!! スノーボードを持ってくれば、下山時におもいっきり滑れたのになーと、少々後悔してます。(笑) 須川温泉(8:30発)→名残ヶ原→昭和湖→栗駒山山頂(10:00着)  山頂(10:15発)→昭和湖→名残ヶ原→賽の河原→須川温泉(11:35着) 約3時間のトレッキングでした。(休憩含む)

Cimg41241名残ヶ原の木道を行く。けっこう人気のコースなんだろう。私と前後して10数人の登山者がいた。運動会かなんかの振り替え休日なのだろうか? 子供を連れたファミリー登山者もいましたね。


Cimg41361雪にすっぽり埋まったままの地獄谷。このあたりは、硫黄の臭いがかなりキツい。夏の時期なら、モウモウと有毒ガスを吹き上げているところなのでしょう。立ち入り禁止の立て札があった。

Cimg41512昭和19年の水蒸気爆発でできた昭和湖。半分ほど雪に埋もれていた。夏だと、神秘的な青い水をたたえたオアシスという感じなのですが。。。。(笑)


Cimg41612昭和湖を過ぎて少し登ると、突然視界が開け広い中斜面の雪渓が展開していた。スノーボードには最適な斜面だった!(爆)  急な斜面はないのでクランポン(軽アイゼン)がなくても登れるが、あったほうがより楽に、スピーディーに登れます。

|

« 不来方(こずかた) | トップページ | 栗駒山~岩手県一関市須川登山口 Ⅱ »

コメント

雑草Zさん、こんばんは。どうもです。

>県境の尾根沿いにはいい温泉が沢山ありますね。

その通りですね。
東北のへそ、奥羽山脈のへそ と呼ばれる
栗駒山ですからね!(笑)
あと、栗原市の花山には、ランプの宿の
湯ノ倉温泉、湯浜温泉等がありますね。
それでは。


投稿: TF | 2008年6月 1日 (日) 22:35

萩荘は、一関の南西部で、厳美渓の南側です。
宮城県は金成ではなく、岩ヶ崎に近いと思います。
地図で見ると宮城県の鬼首♨郷や秋田県の秋の宮♨郷なんかも近い事に驚きます。県境の尾根沿いにはいい温泉が沢山ありますね。

投稿: 雑草Z | 2008年6月 1日 (日) 01:20

こんばんは。いつもどうもです。

カテゴリー「思いで」の中にありましたよ。(笑)

そうですか、萩荘は、宮城県に近いほうなんですね。。。
変わっていたのは、厳美渓の手前あたりですね。
バイパスみたいな立派の道路ができていて、
鉄筋コンクリート造りの大きな旅館、かんぽの宿
なんかができていましたね。

こちらこそ、宜しくお願いします。それでは。


投稿: TF | 2008年5月30日 (金) 22:28

 萩荘育ち・・・私自身ブログ<雑草の言葉>のどこかに、「萩荘」と書いたような記憶はありますが、どの記事かも定かでありません。だいぶ以前でしょう。・・そんな所まで読んで戴き感動いたしております。

 萩荘は、須川の方と言うか、秋田県境というよりも寧ろ宮城県境の地区です。

 簡保の宿はなかったような・・・

>博物館や道の駅なんか

もあるような場所ではなかったのですが・・・

 私にとっては郷愁を感じる場所です。あんまり変わっていて欲しくないですね。今年も行って見ようかと思いました。須川にも登りたいです。 これからも宜しくお願い致します。 

投稿: 雑草Z | 2008年5月30日 (金) 19:33

雑草Zさん、こんばんは。どうもです。

ブログを拝見しました。
http://zassou322006.blog74.fc2.com/

岩手県一関市の萩荘(はぎしょう)地区で
育ったとか。たしか、かんぽの宿一関がある
あたりですよね? 
20年振りにあのあたりを通ったら、
博物館や道の駅なんかができていて、
おどろきましたね。(笑)

それでは。

投稿: TF | 2008年5月28日 (水) 21:33

 私の育ちの故郷の一関からの須川岳は、今頃はまだこんなに雪が残っていたのですね。
 とても美しくて壮大な風景に感激致しました。

 この自然をずうっと後世まで残したいです。

いい写真を見せて戴きました。

投稿: 雑草Z | 2008年5月27日 (火) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山~岩手県一関市須川登山口 Ⅰ:

« 不来方(こずかた) | トップページ | 栗駒山~岩手県一関市須川登山口 Ⅱ »