« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

宮城蔵王白石スキー場

昨日行ってきました。天候 終日曇りで たまに晴れ。積雪、雪質最高。けっこう暖かく、最高のスノーボードライディングができました。9時過ぎから15時30分過ぎまで滑ってきたので、足腰がボロボロです。(笑) 10時過ぎ頃になると、平日とは思えないほど混雑してきました。 白石スキー場は、パウダー急斜面大好きの上級者から、スキー、スノーボード初めての人まで、幅広く楽しめ満足できるスキー場である!!とにかく全てにおいてリーズナブルなのがいいですね。(笑)

#Aコース後半にて、朝一番のライディングです。なんか滑りが硬いですねー・・・・

#Aコースでのライディング。全長1400メートル、幅の広い中斜面が続く人気コースである。晴れていれば遠くに太平洋を望むことができます。 

Cimg13511平均斜度15度のEコース。幅も広く、ビギナーに大人気のバーンである。スキー、スノーボードスクール入校者や自衛隊の初心者グループの人たちが練習していた。

Cimg13712斜度35度、無圧雪、深雪のDコース。白石スキー場で一番の難コースである。オニコウベの「スネークロード」より急に感じた。「熊落とし」の異名を持つらしい。。。高度感がすごい! 一緒に行った相棒は、スノーボードで果敢に挑戦した。私も付き合いで挑戦したが、結果は散々だった!(爆)

Cimg13593自衛隊の雪上訓練の様子。毎回思うことですが、「自衛隊の教官」らしき人の滑りは、ほんとすごいです。 サイドカットもたわみもほとんどないような板で、しかも、普通のブーツみたいな踵の上がる靴で、あれほどの滑りをするのだから。。。。。驚異的です!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

仙台市泉区スプリングバレースキー場

昨日仙台市泉区のスプリングバレースキー場に行ってきました。積雪は、約1メートルと充分。天候、晴れ時々曇り。風もほとんど無し。気温低め と 最高のスノーボード日和でした。 自宅から車で、わずか35分という近さ。クワットリフトを中心とした効率の良いレイアウト。まさに、スポーツジムに通う感覚のスキー場です。

Cimg13332#クワットリフト降り口から泉ヶ岳方面を望む。突然雪煙が昇り、ヘリコプターの爆音が聞こえてきた。遭難者でも出たのだろうか?ホバリングしながら何かを引き上げていた。遭難者か??#ヘリコプターを要請したら、何百万円もかかるというのになー。。。(笑)

Cimg13293リフト降り口付近。4時間券を買い、9時過ぎから13時までスノーボードライディングを楽しんできた。雪質が良かったせいか、腰の痛みもほとんど無かった。体が軽い。ネコのように軽快に滑れた。(笑)

Cimg13234スキー場ベースにあるギッズパーク? 小さな子供たちがお母さんと一緒にソリ滑りを楽しんでいた。小さいうちから雪に親しむというのは、良いことですねー。。。将来のスキーヤー、スノーボーダーか。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

トラとトロ

去年の夏、昼が一番長くなる頃 トロは生まれた。
母ネコは、ある雨の日 ボロボロの首輪を付け、
ずぶ濡れになって我家にやって来たトラだ。
トラは、上品で、ドライ系キャットフードが大好きで、
躾も、しっかり身に付いていた。

子離れの日がやって来た。トラは、トロを威嚇し寄付けなくなった。
トロは、何がなんだか解らず、悲しい目をして しょんぼりしていた。

そして、ある日 突然、トラは我家からいなくなった。
元の飼主の家に戻ったのだろうか。。。。。?

今、トロは、動物病院で去勢してワクチンを打ってもらって
しっかり、8割り方、家ネコになっている。(笑)

Cimg38291_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

仙台市泉区スプリングバレースキー場

今シーズン初のスプリングバレースキー場。天候、曇り時々晴れで、暖かく、時折小雪状態。雪質もまずまずで、底抜けににーー良かったです。(笑) いつもの4時間券を買い、9時~12時30分頃まで、スノーボードライディングを満喫してきました。

Cimg12741ベースのクリッパーエクスプレスリフト。正面のコースが約1000メートルのクリッパーAコース。早朝はこんな感じ。ノートラックバーンをライディングする快感はたまらない!(爆)

Cimg12792クリッパーリフト降り口付近にいた初級者の女の子グループ。なにやら手取り足取りバインディングのつけ方を教えていた。下まで降りてこれるのだろうか。。。?でも若い!若さって素晴らしい!乾いたスポンジのようになんでも素早く吸収してしまう。直ぐに飛んだり、跳ねたりできるようになるだろう!

Cimg12863一番奥にあるクレッセントシュート。圧雪車の入らないコースである。ここだけが滑走不可だった。積雪は、一応60~70センチだったが滑った感じでは、かなり少なかったなー。。。やっぱり今年も暖冬かも。。。(涙)

Cimg12884奥のクレッセントペアリフト降り口付近から望む。最近は、「パーク要らずのジャンプ上達術?」ということで、フリーラン中の凹凸を利用して、オーリーやジャンピングを積極的に行うようにしている。オジサンボーダーには、これがなかなか大変!まだ、疲れの出ない前半にやっている。(笑) #やっぱり、スノーボードはフリーランだけでは飽きてくるんだなー。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »