« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅲ | トップページ | ファースト・ディセント »

2007年11月 7日 (水)

月山メノウ

朝日連峰の麓、大井沢地区の伝承館と自然博物館を見学してきました。「月山メノウ」という名称ですが、実は、昔から朝日連峰の根子沢や大井沢周辺で採取されていた「メノウ」なのです。 とくに、ここ大井沢上流辺りでは、良質のメノウがとれたとのこと。 メノウ細工の工房は、伝承館の中にあります。 

Cimg09691大井沢の「自然と匠の伝承館・自然博物館」。 やっと寄ることができました。けっこう前から寄ろうと思っていたのですが、なかなかねー。。。。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg09822#ブログでの公開はご本人様の了解を得ています。念のため。    メノウ細工工房の上野さんです。朝日連峰の沢には、かなり詳しく、ご自分でも沢に入りメノウをとるとのこと。(昔は釣り師、山師?)  コーヒーとお菓子をご馳走になり、朝日連峰のこと、メノウのこと、沢のこと等、有意義な話をしてきました。 ありがとうございました。 詳しくはこちらをどうぞ。

Cimg09803根子沢や大井沢でとれた、天然のメノウの原石です。最近では、良質の天然メノウは少なくなってきて、1年~3年掛けて染色した、所謂「色鮮やかなメノウ」が多くなってきたそうです。鮮やかなグリーンや琥珀色のメノウの、ほとんどは染色したものとか。。。。。まったくやれやれです!

Cimg100121これ、買ってきたものです。 大井沢産の天然メノウ。独特の縞模様が美しい!!もちろん、安いです。(笑) ちなみに、メノウと宝石のオパールの成因・硬度は、ほぼ同じとか・・・・・・朝日連峰でとれたオパールっぽいメノウは、さすがに2万~3万円位と、かなり高かったですね。

|

« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅲ | トップページ | ファースト・ディセント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月山メノウ:

« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅲ | トップページ | ファースト・ディセント »