« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅱ | トップページ | 月山メノウ »

2007年11月 2日 (金)

朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅲ

トレッキング中は、誰とも会いませんでした。下の方でキノコ採りのオジサン数人と会ったくらいです。これぞ、究極の単独!(笑) #主稜線から、かなり外れていること、雪が降ってもおかしくない晩秋の時期で、しかも平日・・・・・。 大自然の中にポツンと一人、晩秋の森と、山と、風と、沢の流れる音と・・・・大自然の生態系の中に同化したような感じでしたね。 土日でも静かなトレッキングができるのではないでしょうか。。。。。?

Cimg08871障子ヶ岳山頂。誰もいなかった。のんびりと約45分滞在した。後方の山は、エズラ峰か?山頂に着いた頃には、ガスもとれて明るくなってきた。ラッキーだった。

Cimg08642紫ナデ~山頂 中間部付近から望む。山頂付近を覆っていたガスがとれて、峻険にして威容な存在感が迫ってきた。

Cimg08623山頂直下から見るスラブ状の大岩壁。障子ヶ岳の北東面は、幾重にも連なるスラブ状の大岩壁が展開する。かなり迫力があります!

Cimg09004山頂より天狗角力取山方面を望む。主稜線(寒江山)に向かって縦走路が伸びている。以東岳等主稜線の峰々を雲が覆い、寒々とした晩秋の雰囲気を醸し出していた。山頂からの眺望は、まあ、まずまずでしたね。(笑)

|

« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅱ | トップページ | 月山メノウ »

コメント

サンボウさん、こんばんは、どうもです。
なるほど、8の字ですか!
南俣沢出合→天狗→三方境(狐穴小屋)→以東岳→オツボ→
天狗→障子→紫ナデ→南俣沢ですね!!
まさに「長征」だなー。。。でも魅力的!(笑)

>壁に付いた雪の崩落が間近かで見られ大迫力。
これは、かなりいいですね。是非見てみたいです。
「雪に磨かれる」とは、こういうことを言うので
しょうねー。。。  それでは。

投稿: TF | 2007年11月 9日 (金) 21:56

マルゴさんの所から来ました。いい山ですよね。春に周回すると「紫ナデ」付近で壁に付いた雪の崩落が間近かで見られ大迫力。一見する価値ありますよ~(但しアイゼンは必須です)何時の日か1泊2日で「8の字」達成したいですね。昨年は粟畑まで戻った時点で断念、障子をパスして駐車場に戻りました(9の字しか書けなかった…)

投稿: サンボウ | 2007年11月 8日 (木) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅲ:

« 朝日連峰 障子ヶ岳登山 Ⅱ | トップページ | 月山メノウ »