« 刀切伐峠(山形県最上町~尾花沢市)を歩く | トップページ | 玉簾の滝~酒田市八幡町 »

2007年6月17日 (日)

宮城県鳴子温泉~山形県最上町堺田

「日既に暮れければ、封人家を見かけて宿りを求む。三日風雨荒れて、よし無き山中に逗留す。。。。。「蚤虱 馬の尿する 枕もと」 おくのほそ道 より

宮城県鳴子温泉の小深沢~大深沢~中山峠の難所を越えた芭蕉と曽良は、ヘトヘトになりながら、やっとの思いで山形県最上町の「封人(ほうじん)の家」(旧有路家)にたどり着いた。 封人の家とは、出羽の新庄藩領堺田村にあった国境を守る役人の家のことである。 芭蕉と曽良は、大雨にたたられ、ここに二泊したのであった。 この時生まれた歌がこれである。

Cimg35451「封人家」(旧有路家、重要文化財)。 おくのほそ道の道中で、芭蕉宿泊の家がそのまま残っているのは、唯一ここだけである。

Cimg35623JR陸羽東線堺田駅。標高338メートル、鳴子温泉と山形県最上町の堺にある。駅前は、日本で二番目に低い「分水嶺」の公園として整備されている。

Cimg35532北から流れてきた用水路が東西に分かれて流れている。右に流れれば、江合川、北上川を経て太平洋へ!左に流れれば、小国川、最上川を経て日本海へ!なんともロマンだなー(笑) しかも、ここのように、はっきりと水が分流している様子を見られるのは、全国的にも非常に珍しいとのこと。

Cimg35644街並みも無し、家も数件あるのみ、なんでこんなところに駅があるのや?って感じ。いわゆる秘境駅と言われる部類です。(爆)#もちろん無人駅。 芭蕉と曽良は、堺田駅の西側を通り山刀伐峠へと向かったのである。。。。。

|

« 刀切伐峠(山形県最上町~尾花沢市)を歩く | トップページ | 玉簾の滝~酒田市八幡町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県鳴子温泉~山形県最上町堺田:

« 刀切伐峠(山形県最上町~尾花沢市)を歩く | トップページ | 玉簾の滝~酒田市八幡町 »