« 鳴子峡~出羽街道中山越を歩く Ⅵ | トップページ | 栗駒山Ⅱ(御沢コース~御室上部で撤退) »

2007年5月30日 (水)

栗駒山Ⅰ(御沢コース~御室上部で撤退)

昨日行ってきました。いや~、今回は、かなり、リスキーなトレッキングだった。  御沢は、雪解け水を集めて勢いよく流れていて、水量もかなり多め。 御室の大雪渓は、5月の下旬とは思えないくらいに崩壊が進み、いたるところにクレバスが口を開け、やせて絶壁状態になっていた。。。。やれやれでした!(笑) #Ⅱ、Ⅲに続く。。。。

Cimg30341御沢中間部。水量を増して勢いよく流れていた。 痩せた雪渓を踏み抜いて足首を捻ったり、濡れた岩で滑って、前のめりに転んで両足や肘を打撲したりと、満身創痍状態でしたね!(笑)--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg30442大日沢との出合から山頂方面を望む。もっと残雪が多かったなら、もっと快適なトレッキングができたのですが。。。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg30553御沢上部、夏なら階段状の滝になったている部分。痩せて、切り立った雪の壁になっていた。アイゼンを装着し、左を捲いて登った。#ピッケルが必要だったなー。。。。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cimg30634雪の壁を登りきったあたりから御室方面を見る。ここからは、ずっと雪渓を登ることになる。 #このあと、さび付いたピッケルでもいいから持ってくればなー。。と後悔することになる!(笑)

|

« 鳴子峡~出羽街道中山越を歩く Ⅵ | トップページ | 栗駒山Ⅱ(御沢コース~御室上部で撤退) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山Ⅰ(御沢コース~御室上部で撤退):

« 鳴子峡~出羽街道中山越を歩く Ⅵ | トップページ | 栗駒山Ⅱ(御沢コース~御室上部で撤退) »